コチュジャンの代用は味噌+キムチが一番?ラー油や豆板醤・ケチャップでも可能か調査!

コチュジャンがない…わざわざ買いに行くのも面倒ですし、時間もやる気も萎えてしまうますよね。

「味噌+キムチ」で代用できるという話があります!

また、キムチなどがないときにコチュジャンの代わりになる調味料というと、味噌やキムチの他にはどんなレシピがあるのでしょうか。

家庭で常備している調味料で代用できるレシピをご紹介いたします。

コチュジャンってピリ辛だから、ラー油や豆板醤を使ってみたらどうかしら。
そうね、あと酸味もあるかしら。ケチャップもいいかもしれないわね。


コチュジャンの代用といういと「味噌+キムチ」?

コチュジャンは味噌の一種です。

ですから辛味やコクが加わると、似かよった風味を作り出すことができます。

もし、もう少しコクや風味を足したい場合は、ごま油や砂糖、香味ペーストを入れると味に深みが増します。

そもそもコチュジャンとは、辛い調味料で朝鮮半島で好まれて使われてきました。

発酵食品の1つで、唐辛子やもち米麹などを原材料とします。

コチュジャンには、糖類が入っています。

そのため特徴として、辛さだけではなく、甘味やコクを感じるのだそうです。

また少し粘っこい形状と唐辛子特有の赤色をしていて、唐辛子味噌ともいうようです。

「味噌+キムチ」以外でコチュジャンの代用をしてるものは?

コチュジャンがない時はどんな調味料で代用が可能なのでしょうか。

コチュジャンが家に無い場合の代用として、以下の調味料の候補があるようです。

1 豆板醤(トウバンジャン) 甜麺醤(テンメンジャン)
2 甜麺醤(テンメンジャン) 味噌 ラー油
3 にんにく 味噌 キムチ
4 ケチャップ キムチ 甜麺醤(テンメンジャン)

こうしてみると、豆板醤やキムチ、ラー油が辛み担当。

味噌やニンニクがコクや風味担当。

ケチャップで甘味を補填、といったところでしょうか。

 

「キムチ」とは、調味料と思っていなかったものが、代用として使えるのですね!

普段から使用頻度が高いものばかりではないかもしれませんが、「中華料理をたまに作るから、あまった豆板醤が家にある」というときには、あまった調味料の消費にもなりそうなラインナップですね!

 


コチュジャンの代用「味噌+キムチ」を使った料理にはどんなものがある?

ここではコチュジャンの代わりに「味噌+キムチ」を使った料理ってどんなものがあるのでしょうか。

ここでは1人でも美味しい、パパっとランチになりそうな料理をご紹介したいと思います。

1人でパパっとランチに作りたい!

自分の為に作るご飯って、どうしても適当になりがちですよね。

そもそも何種類も調味料を使って、煮たり焼いたり…なんて料理を始める前から面倒になってしまいますね。

納豆ビビンバ丼

材料は、ご飯、納豆、キムチ、卵黄のみ!

仕上げにコチュジャンダレ。

味噌とキムチとごま油を1:1:1で混ぜる!

この特製ダレをかけたら完成です。

とても簡単で、ご飯が進みそうな一品ですね。

簡単さを取るなら、丼ものは最強ですね。

 

レンジでコチュジャンチーズ炒飯

材料は、ご飯、キムチ、ウィンナー、チーズ。

あとご飯に混ぜるソースを用意します。

ソースはケチャップ、砂糖、醤油、コチュジャン(味噌+キムチ)
※醤油だけ半量に

 

作り方は簡単!

ご飯にソースを混ぜて、キムチ、ウィンナー、チーズをトッピング

500wで3分チンしたら完成です。

とっても簡単で、ボリュームもありそうですね!

 

まとめ

コチュジャンのように、常に常備するのが難しい調味料って案外多いですね。
買い揃えてから料理を始めるのは、もちろんベターです!

ですが、ご紹介したように家にある調味料でも代用が可能な事も多いようです。

他にも自分好みの特性ダレが発見できるチャンスかもしれません。

チャレンジしてみると楽しく料理が作れるかもしれませんね。

なるほど!わざわざ買いに行かなくても、美味しく作れそうね!
工夫することで、料理がもっと楽しくなるかもしれないわね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です