枝豆の保存方法は?茹でる前(生のまま)や冷凍庫・冷蔵庫・常温での期間も紹介!

枝豆は、低カロリーでタンパク質が豊富な野菜です。

ご家庭でも作ることができるので、家庭菜園で作っている人も多いです。

でも、大量の枝豆を冷蔵庫に入れるだけでは、枝豆を使い切る前に傷んでしまいます。

実は、枝豆を新鮮なまま長く保存する方法があります。

その方法を、枝豆を茹でる前と茹でた後の観点から常温、冷蔵庫、冷凍庫での保存方法や保存期間を、順に詳しく見ていきましょう。

枝豆を長く保存できる方法があるんだね。
そうだよ。枝豆とはどんな野菜か、茹でる前と茹でた後の枝豆の保存方法を詳しく見ていきましょう。


枝豆とはどんな野菜?枝豆に含まれる栄養素、効能は?

枝豆とはどういう野菜か、枝豆に含まれる栄養素、枝豆の効能を順に見ていきましょう。

枝豆とはどういう野菜?

お酒のお供としての枝豆は、大豆の未熟な実を収穫したものです。

大豆は、紀元年2000円前から中国で栽培され、日本には江戸時代から食べられています。

枝豆の旬は6~8月で、この時期はスーパーにもよく売られています。

枝豆に含まれる栄養素は?

枝豆には、豊富な栄養素が含まれています。

どんな栄養素が含まれているのか、詳しく見てみましょう。

  • タンパク質
  • カリウム
  • マグネシウム
  • オルニチン
  • 鉄分
  • ビタミンB1
  • 葉酸
  • βカロテン
  • 食物繊維
  • コリン

枝豆には、たくさんの栄養素が含まれていますね。

枝豆の効能は?

枝豆には、大きく3つの効能があります。順にご紹介しましょう。

体を回復する効力

枝豆には、オルニチンという成分が多く含まれています。

この成分は、肝臓を元気にしてくれるので、ビールを多く飲んでしまった時や、疲労がたまっている時、体を回復する効力があります。

枝豆の旬は夏ですが、夏バテに良く効くと言われるのは、このことですね。

むくみの解消や予防効果

また、枝豆には、カリウムという成分が含まれています。

この成分は、塩分の排出を助ける働きがあるので、血圧を下げたり、体内の水分調節をしたりし、むくみの解消や予防効果があります。

脂肪代謝を高める効果

さらに、枝豆に含まれているコリンという成分は、脂肪代謝を高める効果があります。

 

このように見てくると、枝豆は、高タンパクながら体を健康にしてくれる、優れた野菜であるといえます。

茹でる前の枝豆の保存方法・期間は?

茹でる前の枝豆の保存方法を常温、冷蔵、冷凍の順に見ていきましょう。

常温での保存方法・保存期間

枝豆は常温保存に向いていません。

枝豆を生の状態で置いておくと枝豆の中の糖分がなくなっていき、鮮度が落ちていくからです。

枝豆の常温保存が必要な時のため、その方法をご紹介します。

  1. キッチンペーパや新聞紙を湿らせ、その中に枝豆を入れて包む。
  2. その上からさらに新聞紙で包み、冷暗所で保存する。

常温での保存期間は、たったの1日です。

枝豆はその日のうちに茹でて食べきりましょう。

枝豆は、常温保存より冷蔵庫、冷凍庫での保存がお勧めです。

冷蔵庫での保存方法・保存期間

枝豆を冷蔵庫に入れて保存する場合は、野菜室に立てて入れます。

その方法をご紹介します。

  1. 新聞紙を湿らせ、枝豆を枝が付いたまま包む。
  2. その上からさらに新聞紙に包み、野菜室に立てて入れて保存。
  3. 枝をカットした場合は、密封袋に入れて、野菜室で保存。

冷蔵庫での保存期間は、3日です。

時間が経つと、枝豆の甘みが消えて傷んでいくので、早めに食べるといいでしょう。

冷凍庫での保存方法・保存期間

枝豆を冷凍庫で保存する場合、枝豆が重ならないように平らにして、急速冷凍がお勧めです。

その方法を見ていきましょう。

  1. 枝豆を水で軽く洗い、ごみやほこりを取り除く。
  2. 枝豆のさやの部分についている水分をしっかりと取る。
  3. 枝豆を重ならないように並べて密封袋に入れ、冷凍庫に入れる。

急速冷凍できない冷凍庫の場合、密封袋をアルミ箔で包むと、急速冷凍と同じような効果が出ます。

食べるときは、冷凍のまま熱湯で茹でると美味しく食べることができます。

冷凍庫での保存期間は、1ヶ月です。

冷凍庫を頻繁に開け閉めすると、温度変化が激しくなるので、鮮度が落ちやすくなります。

温度変化の少ない冷凍庫の下の方に保存し、早めに食べるのがいいでしょう。


茹でた後の枝豆の保存方法・期間は?

枝豆を食べようと思って茹でたけど、食べきれずに残ってしまうことよくありませんか?

茹でた後の枝豆の保存方法や期間を、常温、冷凍、冷蔵の順に見ていきましょう。

常温での保存方法・保存期間

枝豆を茹でると、常温では保存できません。

数時間そのまま置いておくのは可能なので、お皿に入れているなら必ずラップをし、風通しが良く、湿気のないところで置いておきます。

必ずその日のうちに食べることをお勧めします。

冷蔵庫での保存方法・保存期間

枝豆を茹でた後の冷蔵庫での保存方法をご紹介します。

  1. 枝豆のさやの両端をはさみで切り、しっかり塩もみする。
  2. 塩を入れた熱湯に枝豆を入れ、3~4分茹でる。
  3. 茹でた後、お湯を捨ててざるに上げ、うちわで仰いで一気に冷ます。
  4. 枝豆が冷めると枝豆の水分をしっかり取り、密封袋に枝豆が重ならないよう並べて入れて、冷蔵庫へ入れる。

その日に食べた残りなら、器に重ならないように並べて、冷蔵庫に入れても大丈夫です。

でも、冷蔵庫入れたとしても痛みは早く、2日経つと枝豆が変色してきます。

3日を過ぎるとネバネバが出てくるため、食べることができません。

冷蔵庫での保存期間は2日ですので、それまでに食べ切るのがいいでしょう。

冷凍庫での保存方法・保存期間

茹でてから冷凍すると、食べたい時に解凍すれば、すぐに食べることができるので便利です。

その方法をご紹介します。

  1. 枝豆のさやの両端をはさみで切り、しっかり塩もみする。
  2. 10分~1時間置く。
  3. 塩を入れた熱湯に枝豆を入れ、1~2分茹でる。
  4. 茹でた後、お湯を捨ててざるに上げ、うちわで仰いで一気に冷ます。
  5. 枝豆が冷めると枝豆の水分をしっかり取り、枝豆が重ならないように並べ密封袋に入れて、冷凍庫へ入れる。

冷凍庫での保存期間は、1ヶ月です。

POINT

茹でた枝豆を水にさらしてしまうと、枝豆が水っぽくなってしまい、美味しくありません。

また、茹でた枝豆を自然に冷ましてしまうと、余熱で枝豆が柔らかくなり過ぎてしまい、歯ごたえのない枝豆になってしまいます。

豆を固めに茹でた後、うちわや扇風機を使って、一気に冷ますことがお勧めです。

解凍する際は、さっと熱湯で茹でます。

自然解凍でも使うことができ、解凍しなくても、そのまま調理で使うことができます。

お勧めの枝豆の保存方法は?

一番のお勧めの保存方法は、枝豆を茹でずに生のまま冷凍保存です。

なぜなら、生のまま冷凍保存すると、なくなる栄養素がなく、高い栄養価で枝豆を食べることができるからです。

 

枝豆を冷蔵庫に入れて保存すると、枝豆は呼吸をして生き続けます。

枝豆に含まれているオルニチンという成分が日々消費されて、保存日にちが長いほどなくなっていきます。

枝豆を冷凍庫に入れると、枝豆は冬眠状態になり、オルニチンの量は保存前と変わりません。

冷凍庫で1ヶ月間保存も可能ですので、長期保存をする場合は、ぜひ生のまま冷凍保存をしてみてくださいね。

枝豆を使った簡単レシピ

ご家庭で作れる枝豆を使った簡単レシピをご紹介します。

枝豆の蒸し焼き

材料

枝豆・・・300g

塩・・・少々

オリーブオイル・・・大さじ1

作り方

  1. 枝豆をよく洗って水気をしっかりと切り、塩を揉みこむ。
  2. フライパンに枝豆を入れ、少し焦げ目がつくまで焼く。
  3. フライパンにふたをして弱火にし、5分ほど蒸し焼きにする。
  4. オリーブオイルを入れ、全体に回ったらできあがり。

枝豆のニンニク・ショウガ香り味

材料

枝豆・・・300g

ニンニク・・・適量

ショウガのすりおろし・・・適量

しょうゆ・・・小さじ1

いりごま・・・小さじ1

ブラックペッパー・・・適量

作り方

  • 茹でた枝豆に、ニンニク・ショウガのすりおろし、しょうゆ、ごま油、いりごま、ブラックペッパーを適量入れ、よく混ぜて完成。

枝豆とチーズのチヂミ

材料

枝豆・・・300g

プロセスチーズ・・・50g

溶き卵・・・1個

塩こしょう・・・少々

塩・・・少々

小麦粉・・・大さじ3

油・・・小さじ2

黒こしょう・・・少々

作り方

  1. 枝豆は水でよく洗い、塩をふって枝豆を手でもむ。
  2. 熱湯で枝豆を6~7分茹で、さやから豆を取り出す。
  3. プロセスチーズは1㎝角に切る。
  4. ボウルに小麦粉、溶き卵、さやから取り出した豆を入れ、よく混ぜる。
  5. フライパンに油を入れ、④の1/6の量をフライパンに直径6㎝の円形になるように入れて、じっくりと焼く。
  6. 枝豆の色が少し変わり、焼き色が付いたら上下を返し、同じように焼き色が付くまでじっくりと焼く。
  7. 油をフライパンのふちから回して入れて強火にし、両面がカリッとなるまでじっくりと焼く。
  8. 残りの分も同じように焼き、器に盛る。上から黒こしょうをふれば、できあがり。

どのレシピも一工夫するだけで、簡単に作ることができます。

ぜひ、やってみてくださいね。

まとめ

枝豆とはどういう野菜か、枝豆を新鮮なまま長期保存できる方法をおさらいしましょう。

  • 枝豆は、タンパク質を始め多くの栄養素を含む野菜である。
  • 枝豆を食べると、夏バテ防止やむくみの改善、予防の効果がある。
  • 枝豆は、冷蔵庫や冷凍庫で保存可能だが、一番長く新鮮な状態で保存できる方法は、生のまま冷凍庫での保存である。

枝豆は、高タンパク質で、栄養が豊富にある野菜なので、ぜひ毎日食べて健康に過ごしてくださいね。

枝豆を新鮮な状態で長く保存するためには、生のまま冷凍保存がいいんだね。
そうです。枝豆は栄養価がとても高い野菜です。茹でて食べるだけではなく、いろんな食べ方があるので、ぜひ毎日食べて健康に過ごしてくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です