ドライパセリの栄養は減らない?保存方法とオーブンでの作り方も紹介!

パセリは、日本でも収穫できる野菜です。

独特の苦みを持ちますが、様々な料理に使われ、身近な野菜です。

料理に使うと言っても、一品当たり使う量は少量のため、新鮮なまま一度に使い切れず余ってしまいます。

パセリの保存方法はみなさんどうしていますか?

パセリをそのまま常温や冷蔵庫で保存していると、すぐに傷んでしまいます。

パセリには豊富な栄養価があるので、すぐに処分しないといけなくなるのはもったいないですね。

実は、パセリの栄養価そのままに、長期に保存する方法があります。

その方法は、パセリを乾燥させてドライパセリを作り、冷凍保存することです。

どのような方法でドライパセリにして保存するのか、オーブンを使ったドライパセリの作り方など、詳しくみていきましょう。

パセリを長く保存するためには、ドライパセリにして保存すればいいんだね。
そうです。ドライパセリはご家庭で簡単に作れます。ドライパセリの作り方、保存方法を詳しくみていきましょう。


パセリの栄養価は?

 

パセリは、とても栄養価が優れている野菜です。

どのような栄養価が含まれているのか、みていきましょう。

  • β-カロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

一つの野菜にこれだけたくさん栄養価が含まれているのは、すごいですね。

中でも、βカロテンは、パセリ100g当たり7400mgも含まれています。

これは、ニンジンに次ぐ豊富な量です。

たくさんの栄養価が含まれているパセリには、たくさんの効能があります。

下にまとめてみました。

アンチエイジング効果

肥満予防効果

ストレス軽減効果

このように見てくると、パセリは豊富な栄養価が含まれ、健康や美容に良い野菜であることがわかります。

ドライパセリの栄養価は違う?

パセリを加熱、乾燥させると、生のパセリより栄養価が変動します。

順にみていきましょう。

加熱したパセリの栄養価

パセリに含まれているビタミンCは、熱に弱いため、大半が破棄されて失ってしまいます。

その他の栄養価は熱に強いため、生パセリと同じです。

乾燥させたパセリの栄養価

パセリを乾燥させると、パセリに含まれている水分がなくななり、栄養素が凝縮されます。

すると、生のパセリより栄養価が上昇します。

 

このようにみてくると、乾燥させたドライパセリの方が、失う栄養価が少なく、さらに栄養価を上昇することができます。

長期間保存に向いているだけでなく、優れた栄養価のままで食べることができます。


ドライパセリは冷凍保存できる?

ドライパセリは、冷凍保存できます。

なぜ冷凍保存が良いのか、栄養価の面、使い勝手の面、保存期間の面からみていきましょう。

ドライパセリの栄養価

パセリの中の水が抜けているので、栄養素が凝縮されています。生で食べるより乾燥させて食べる方が、より多くの栄養を摂ることができます。

ドライパセリの使い勝手

パセリを使用するときは、料理の飾りか、食材に載せたり混ぜ込む時は、手で粉々にしてから使います。

パセリを冷凍保存する際、パセリを粉々にして保存すれば、料理で使う際に必要な量だけ、すぐに取り出して使うことが可能です

調理の手間を省くことができるので、大きなメリットがあるといえます。

ドライパセリの保存期間

ドライパセリの保存方法は、冷蔵庫では2週間、冷凍庫であれば2~3ヶ月と言われています。

この期間を過ぎると風味が落ちてしまうので、上記の期間までに使い切るのがお勧めです。

長く保存したい方は、冷凍保存するのが良いでしょう。

下にドライパセリの作り方を載せていますので、参考になさってくださいね。

POINT

冷凍で保存したドライパセリは、解凍せず、すぐに調理して使うことができます。
ただし、一度解凍したパセリを再度冷凍することはできません。
一度に使う量だけ取り出すようにしましょう。

ドライパセリの自宅での作り方

自宅でオーブンや電子レンジを使って、ドライパセリを簡単に作ることができます。

順に作り方をご紹介しましょう。

オーブンを使ったドライパセリの作り方

  1. パセリをよく水で洗い、水気を切る。
  2. パセリを茎と葉先に分ける。
  3. 葉先をクッキングシートに重ならないように並べて鉄板にのせ、余熱なし120℃で15分加熱する。
  4. パセリの位置を変え、100℃に温度を下げて15分加熱する。
  5. パセリが乾燥して、ドライパセリになったら手でほぐして保存容器や密封袋に入れる。

電子レンジを使ったドライパセリの作り方

  1. パセリをよく水で洗い、水気を切る。
  2. パセリを茎と葉先に分ける。
  3. キッチンペーパーを敷いた耐熱皿の上に重ならないように並べ、500W2分加熱する。
  4. パセリがカリカリになっていなければ、30秒追加して加熱する。
  5. 密封袋に入れて、上から揉んで粉々にしたらできあがり。

どちらの方法も、ご家庭で簡単に作ることができます。

ぜひ作ってみてくださいね。

ドライパセリを使った料理をご紹介!

ドライパセリをたくさん作ったら、毎日の料理で使いたいですね。

ご家庭でできる、ドライパセリを使った簡単レシピをご紹介します。

パセリライス

ご飯を炊く。

炊きたてのご飯にバター、冷凍ドライパセリ、塩こしょうをよく混ぜる。

パセリを使った一口カツ

 

油で上げる前に、パン粉に冷凍ドライパセリを混ぜて油で揚げる。

アジや豚肉、鶏肉で作ってもOK。

パセリをのせたポタージュ

ポタージュに冷凍ドライパセリを少々のせる。

写真のカボチャポタージュ以外にも、コーンポタージュでもOK。

3種類のレシピを載せましたが、どれも普段の料理に加えるだけで、簡単に作ることができます。

ぜひ、作ってみてくださいね。

まとめ

パセリの栄養価やドライパセリの作り方、ドライパセリの長期保存の仕方をみてきました。

ドライパセリについて、おさらいしましょう。

  • パセリには、豊富な栄養価があり、様々な効能がある。
  • パセリは、ドライパセリにして冷凍すると、パセリの栄養価を落とさずに長期保存することができる。
  • ドライパセリを冷凍保存するとき、粉々にしておくと、解凍せずすぐに料理に使えてとても便利。

パセリを購入すると、たくさん袋に入っているので、ドライパセリにすると長期に保存することができ、毎日の料理に手軽に使うことができます。

ぜひ、活用してみてくださいね。

パセリにはたくさんの栄養があって、料理にこんなに使えるんだね。
そうです。ドライパセリにすることで、パセリの栄養価そのままで、しかも長い期間料理で使うことができます。ぜひ、毎日摂ってくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です