コーヒーと紅茶を混ぜる(鴛鴦茶)はまずい?効果と美味しい飲み方も!

鴛鴦茶(えんおうちゃ)とは、コーヒーと紅茶を混ぜた飲み物です。

この飲み物は、香港では一般的に飲まれている飲み物で、日本ではあまり知られていない飲み物です。

鴛鴦茶はどういう飲み物なのか、美味しい飲み方、効果があるのかを詳しくみていきましょう。

鴛鴦茶という言葉を聞いただけでは、どんな飲み物かすぐにはわからないね。
そうですね。鴛鴦茶とはどういう飲み物なのか、美味しいのかを詳しくみていきましょう。


コーヒーと紅茶を混ぜると美味しいの?

コーヒーと紅茶を混ぜると、見た目はミルクティーのようで、コクがあって美味しいという声が多く聞かれます。

実際の声を紹介しましょう。

View this post on Instagram

紅茶とコーヒーを混ぜた香港では一般的な鴛鴦茶(えんおうちゃ) コメダの鴛鴦茶はさらに練乳とコーヒーゼリーが入っていて、「今日くらいは贅沢しちゃいなよ!」と言わんばかりに色々混ざっちゃってる。 賛否両論ありそうな味。 思ったよりさっぱりしていて飲みやすかったので、私は鴛鴦茶スキ派! 鴛鴦茶を飲む度、楽しかったひとときを思い出しそう(о´∀`о) メロン味のシロノワールはどストライクな味でした♡ #令和最初の夏の味 #シロノワール北海道メロン #シロノワール #友達 と #カフェ でおしゃべりとか #最高かよ ( ̄∇ ̄) #鴛鴦茶 #コーヒー #紅茶 #カフェ巡り したいけど巡るほど時間がない #コメダ珈琲店 #コメダ珈琲 #coffee #ひと休み #贅沢な時間 #카페

A post shared by fuji.a.y (@aruayuaru) on

日本で鴛鴦茶を飲むことのできる店舗は少ないですが、喫茶店などで飲めるお店があります。

二つの味が混ざり合い、初めて飲むとびっくりしますが、新しい味との出会いに驚き、美味しいとの評価が高いです。

コーヒーと紅茶を混ぜると実は「鴛鴦茶」というお茶になるの?

コーヒーと紅茶を混ぜ合わせて飲む飲み物を、鴛鴦茶(えんおうちゃ)と言います。

広東語では、ユンヨンチャーとも言われます。

「鴛鴦茶」という語源は、おしどり夫婦のように、コーヒーと紅茶がいつも一緒でじっくりとブレンドされ、一つの飲み物に仲良く合わさっているというところにあります。

日本では一般的になじみがありませんが、香港では一般的に庶民に飲まれている飲み物で、200年ほどの歴史があります。

一説によると、奴隷のように扱われた中国人労働者が、栄養補給のために飲み始めたのが始まりと言われています。

その飲み方が庶民に広がり、香港の喫茶文化を代表する飲み物になったとされています。

また、東洋と西洋の文化の融合の飲み物ということで、無形文化遺産にも登録されています。

鴛鴦茶という飲み物は、誰が考案した飲み物か不明ですが、香港ではレストランで飲むことができ、インスタント製、紙パック製の商品まであります。

インターネットで鴛鴦茶を簡単に買うことが可能なので、商品を紹介します。

created by Rinker
リプトン
¥1,299 (2019/10/19 09:13:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ダイパイドン(大排當)
¥1,100 (2019/10/19 09:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

海外製のものになりますが、手軽にご家庭でも鴛鴦茶を楽しむことができます。

コーヒーと紅茶をただ混ぜ合わせるだけでなく、砂糖と無糖練乳を一緒に加えて飲むとより甘みが増し、より美味しく飲むことができます。

下にご家庭でできる鴛鴦茶の作り方も紹介していますので、参考になさってくださいね。


コーヒーと紅茶を混ぜる「鴛鴦茶」の効果は?

コーヒーと紅茶が混ざり合う鴛鴦茶には、実は体によい効果がたくさんあります。

順番にみていきましょう。

脂肪促進効果

コーヒーや紅茶に含まれているカフェインには、脂肪を分解する「リパーゼ」という酵素の働きを促進させたり、脂肪の吸収を抑えたりする働きがあります。

運動前や食事の際に飲むことで、脂肪燃焼の効果をより促進します。

注意

鴛鴦茶を飲む際、甘みをしっかりと出すため、砂糖をたくさん入れてしまうと、カロリーが上がってしまい、逆に太ってしまうことがあります。

砂糖やシロップを入れる際は、低カロリーのものか、量を少なくして飲んでみましょう。

糖尿病の予防効果

糖尿病は生活習慣病の一つですが、コーヒーを毎日飲んでいると、糖尿病に効果があると世界で報告されています。

なぜかというと、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が血糖値の抑制に働いているからです。

日本でも報告されているので、糖尿病の予防に期待できます。

アンチエイジング効果

コーヒーや紅茶にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用を持っています。

体内に取り入れた酸素の一部が活性酸素に変化し、この活性酸素が増えすぎると体内にある血液や細胞を酸化させてしまいます。

この酸化の動きを止める働きを抗酸化作用といい、ポリフェノールは行うことができます。

また、ポリフェノールはコラーゲンと結びつく役割を持っており、シミやしわを防ぐ働きもあります。

体内や体の外側をきれいに保つ効果が期待できます。

リラックス効果

コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、加熱するとコーヒー酸に変化する成分です。

このコーヒー酸は、脳にα波を出してリラックスする効果があります。

また、紅茶に含まれているテアニンという成分もリラックスの効果があります。

コーヒーや紅茶どちらもリラックスする効果が含まれているので、飲むと心身ともに落ち着くことができます。

 

その他、以下の効果も期待できます。

簡単にまとめてみました。

  • うつ病予防
  • 眠気覚まし
  • 偏頭痛の痛み軽減
  • 肝硬変やがんのリスク軽減
  • 食後の血糖値の上昇抑制
  • 便秘の予防・解消

これらの効果は個人差があり、必ず現れるとはいえませんが、研究が進められ、効果が出た事例もあります。

鴛鴦茶を摂る効果がたくさんあるので、毎日飲んでいると、体に良いことは間違いないですね。

鴛鴦茶の作り方

鴛鴦茶は香港では一般的な飲み物ですが、日本にいても自宅で簡単に作ることができます。

日本で簡単に手に入れることのできるコーヒーや紅茶でできます。

鴛鴦茶の作り方は大きく3つありますので、順番にみていきましょう。

液体混合法

鴛鴦茶の作り方1つめは、「液体混合法」です。

コーヒーと紅茶を別々に作り、それらを混ぜ合わせるという方法です。

一番簡単に作ることができ、失敗も少ないので初心者向けです。

原液混合法

鴛鴦茶の作り方2つめは、「原液混合法」です。

挽いたコーヒーの粉と紅茶の茶葉を混ぜ合わせ、その中にお湯を加えて抽出する方法です。

この方法も簡単につくることができ、失敗の少ない方法です。

二段法

鴛鴦茶の作り方3つめは、「二段法」です。

最初に紅茶を抽出し、挽いたコーヒーの豆粉を先に抽出した紅茶の中に入れて抽出する方法です。

なぜ紅茶を先に抽出するのかというと、紅茶の方が高温での抽出に適しており、その方が美味しく作れるからです。

一番手間暇がかかり、面倒なやり方ですが、味は安定していて美味しいです。

MEMO

紅茶とコーヒーの割合は、紅茶7に対し、コーヒー3という組み合わせが基本と言われますが、作り方やお好みに応じて比率を変えた方が美味しい場合もあります。
飲む際は、好みに応じて砂糖や無糖練乳を入れてみてくださいね。
アイスで作って飲む場合は、少し苦みが出るので、ガムシロップを使うと良いでしょう。

まとめ

鴛鴦茶とはどういう飲み物か、鴛鴦茶のおいしい飲み方、さらに効果をあげる飲み方をおさらいしましょう。

  • 鴛鴦茶とは、コーヒーと紅茶を混ぜた、香港では古くからある飲み物である。
  • コーヒーと紅茶の比率をお好みに合わせて変え、砂糖と無糖練乳を一緒に加えて飲むと甘みが増してより美味しい。
  • 毎日飲むと、脂肪燃焼やアンチエイジング効果につながる。
  • 食事の際や、仕事の合間に飲むと、リラックスできる効果がある。

鴛鴦茶は、美味しく飲むことができ、脂肪燃焼やアンチエイジング効果につながったり、リラックスできたりするので、毎日摂りたいですね。

インターネットで簡単に手に入ることができますし、日本で売っているコーヒーや紅茶を使って簡単に作ることができます。

食事の際や、仕事や家事でちょっと一息入れたいと思った時、ぜひ飲んでみたらいかがでしょうか?

鴛鴦茶は、ただコーヒーと紅茶を混ぜた飲み物だけでなく、いろんな効果がある飲み物なんだね。
そうです。様々な効果を持っている飲み物なので、毎日飲んで健康に過ごしてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です