甘酒の美肌効果は本当!?いつ飲むと実感できる?量や期間についても調査!

甘酒は女性にとってうれしい美肌効果がたくさんあります。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれているだけではなく、栄養バランスが良いことから飲む点滴とも言われています。

 

血行がよくなって目の下のクマが消えたり、ニキビなどの肌荒れや乾燥肌にも効果があります。

また、甘酒に含まれるコウジ酸がメラニンの生成を抑制してシミを予防するので美白美肌効果も期待できます。

甘酒ってなんだか体に良さそうだけど、美肌の効果もあるのかな?
甘酒は飲む美容液とも呼ばれていてお肌をキレイにしてくれるのよ。どんな効果があるのかみていきましょう。


甘酒の美肌効果は本当!?

肌が荒れる原因は色々ありますが紫外線や日々のストレス、食生活なども影響してきます。

甘酒にはこれらに効く、ビタミンB群、オリゴ糖、フェルラ酸、必須アミノ酸などの成分が豊富に含まれているんです。

ビタミンB群が血行を促進して代謝をアップさせてくれるのでお肌のキメが整います。

 

オリゴ糖のおかげで善玉菌が増えて腸内環境が整うので、体に老廃物を溜め込みにくくなります。

消化吸収を助けてくれる働きもあるのでお腹の調子が良くなって便秘解消にも役立ってくれます。

さらに腸内の免疫細胞が活発になるので免疫力アップにもつながります。

 

フェルラ酸という成分には抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素が発生するのを抑えることで、肌の老化を防いでくれる効果が期待できます。

 

体に必要なたんぱく質の中でも体内で作ることができない必須アミノ酸も豊富に入っています。

この必須アミノ酸は髪の毛や爪をつやつやにキレイに保ってくれます。

また、アミノ酸由来のGABAという成分がイライラを抑制してくれるのでストレスによる肌荒れを防いでくれます。

 

甘酒100g中の主な成分の割合

エネルギー 81kcal
チアミン 0.01mg
ビタミンB6 0.02mg
カリウム 14mg

甘酒はいつ飲むと効果的?

栄養たっぷりの甘酒の効果を最大限に引き出すためには飲む時間帯も大切です。

1日2回、朝と夜に分けて飲むと効果的です。

甘酒に含まれているブドウ糖は体に吸収されやすいように分解された状態になっているので、朝に飲むことで眠っている脳と体を活性化させてくれます。

必要な栄養素が体に行き渡るので代謝も上がりお肌の調子も良くなります。

 

甘酒には副交感神経を働かせてくれる効果もあるので、夜に飲めば体がリラックスした状態になって深い眠りにつくことができます。

疲れも取れやすくなり、日中受けたお肌へのダメージも眠っている間に修復されやすくなります。

 


甘酒の効果を得る「量」や「期間」も調査!

栄養価の高い甘酒をたくさん飲めばそれだけ美肌効果を得られるかも、と思ってしまいがちですが、飲み過ぎは体によくありません。

注意
糖分も多く含まれているので太る原因にもなってしまいます。

では、美肌を手に入れるためにはどれくらい飲めば良いのでしょうか。

POINT
飲む目安の量は1回あたり50-120ml、1日に200mlまでが適量とされています。

また、年齢とともに減ってしまうコラーゲンの減少を抑えてくれる効果があって、1週間飲み続けるとコラーゲンを作る細胞が活性化するようになります。

その後はコラーゲンを増やす効果が1ヶ月間持続します。

 

そのため、甘酒の効果をより実感できるのは1週間位してからということになります。

毎日飲むことで効果を継続させることができます。

また、甘酒に入っている酵素が最もよく働くのは60度と言われているので、温めて飲むとより効果的です。

甘酒にはこんなにも健康と美容に良い成分が入っているのね。

それに、体に吸収されやすくてすぐエネルギーになることから満腹感も得られやすい飲みものなのよね。

少量でもお腹がいっぱいになって満足感もあるので、食事や小腹が空いた時に飲めばダイエットもできちゃうの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です