青のり入り卵焼きをだしと醤油の味付けで美味しく作ろう!チーズをプラスしたアレンジも紹介!

卵焼きは、朝ごはんやお弁当のおかずの定番ですよね。

毎日食べても飽きませんが、たまにはアレンジした卵焼きにしてみませんか?

青のり入り卵焼きなら、だしと醤油で簡単に美味しく味付けできますよ♪

チーズを加えるのもオススメです!

青のりやチーズを入れて、だしと醤油で味付けした、美味しい卵焼きの作り方をご紹介します!

毎日のお弁当に卵焼きを入れているんだけど、たまにはアレンジした卵焼きを入れてみたいな!簡単にできるものはないかしら?
青のり入りの卵焼きなら、香りも良く、お弁当の彩りもキレイになるからオススメよ。簡単な味付けも学んでおきましょうね!

 


卵焼きの作り方と、意外と知られていないポイントを確認!

卵焼き作りは、簡単に見えて、意外と難しいものです。

アレンジした卵焼きを作る前に、基本の作り方やポイントを確認しておきましょう。

ひと手間加えるだけでも、ぐっと美味しくなりますよ!

 

卵焼きの作り方の基本は?

卵焼きを作るときは、手早く作業するのがポイントです。

初めて作るときは、流れをおさえて、何度か練習してみましょう!

卵焼きの作り方

  1. 卵焼き器を強火で温め、サラダ油をフライパン全体に広げる。
  2. 卵液を全体の1/4ほど入れて広げ、卵液が半熟になったら中火にする。
  3. 菜箸で奥から卵を三つ折りに巻いていく。
  4. 菜箸で卵焼きを奥に移動して、空いた部分に油をひき、再び卵液を流し入れる。
  5. 奥の卵焼きを菜箸で持ち上げ、卵液を卵焼き器全体に行き渡らせる。
  6. 半熟になったら手前に巻く。(4~6を繰り返す。)

気泡は菜箸でつぶすと、口当たりが良い卵焼きができます。

慣れるまでは少し難しいので、フライ返しを使うと良いですよ。

 

卵焼きの下ごしらえのポイント!

卵は常温のものを使うと混ざりが良くなるんです。

卵をボウルに割ったら、菜箸で切るように混ぜるのがポイントです。

混ぜすぎると、焼いたときのフワフワ感がなくなるので注意してください!

 

卵焼きを焼くときのポイント!

しっかりと熱したフライパンに油を広げたら、中火にして手早く作っていくと、ふんわりした卵焼きができるんです。

卵液が半熟のうちに巻いていくのが、キレイに作るポイントです!

丸いフライパンを使う場合は、先に生地の両端をたたんでから巻くと良いです。

形が崩れてしまったら、ラップなどでくるんでおけば、形を整えることができます!

 

  • 卵焼きの卵は常温のものを使い、混ぜすぎに注意する。
  • 卵焼きは中火で手早く作っていく。

 

青のり入り卵焼きの作り方!味付けはだしと醤油で大丈夫?

卵焼きのアレンジとして、青のり入りはいかがですか?

見た目もキレイに仕上がり、磯の香りたっぷりで美味しいですよ!

おつまみにも最適なんです!

 

青のり入り卵焼きの簡単な作り方は?

材料をすべて混ぜ、サラダ油を広げたフライパンに流し入れていけばOKです!

青のり入り卵焼きの材料

卵 2個、青のり 小さじ1/2、だし 小さじ2、醤油 小さじ1

作り方は基本の卵焼きと同じですよ。

青のりは、あおさで代用しても美味しくできます。

 

さらにチーズを加えるのがオススメです!

青のり入り卵焼きは、チーズを加えるとさらに美味しくなります。

スライスチーズ1枚を細かく刻んで、卵液に入れて焼くだけですよ。

甘めの卵焼きが好きな方は、砂糖をお好みで(目安は小さじ2)加えても良いですね。

青のりやチーズを加えるときは、卵液に入れて混ぜてから焼く。

 

卵焼きをアレンジしたいときは、溶いた卵にすべての材料を入れて混ぜるだけだから、簡単ね!
卵の栄養の一つであるビタミンB1は、炭水化物といっしょに食べるとエネルギーになるの!朝ごはんやお弁当に最適なのね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です