ブロッコリーのゆで時間はレンジで何分?美味しいゆで方を紹介!

ブロッコリーをゆでるとき、どのようにしていますか?

お鍋に水とブロッコリーを入れて、コンロでゆでる方法が一般的ですが、実は、ゆで時間が短く電子レンジを使って簡単にブロッコリーをゆでる方法があるのです。

その方法はどんなやり方か、美味しいゆで方を詳しく見ていきましょう。

ブロッコリーってレンジでチンするだけでゆでることができるの?
レンジでチンだけでできます。そのやり方を見ていきましょう。

 


ブロッコリーをレンチンでゆでる方法!

ブロッコリーをレンジでゆでると美味しくないのではと思いがちですが、実はそんなことはありません。

ブロッコリーをレンジでチンすることで、ゆですぎる心配はありません。

また、ブロッコリーに含まれているビタミンCは水溶性であるため、お湯でゆでると6割も水に溶けて流出してしまいます。

レンジでチンすることで、せっかくのビタミンが流れ出す心配はなく、栄養価が高いまま食べることができます。

しかも、ゆでる手間がなくて時短になり、栄養価も高いまま食べることができ、いいことばかりですね。

ブロッコリーをレンチンする方法をご紹介します。

  1. ブロッコリーを小房に分ける。
  2. ブロッコリーを洗う。
  3. ブロッコリーにひとつまみの塩を振りかける。
  4. 耐熱皿にブロッコリーを入れ、ラップをかけてレンジで加熱する。加熱時間は、ブロッコリー100gに対して600W2分。
POINT

ブロッコリーをレンジでチンするのは100gあたり2分です。

ブロッコリーの量がもう少し多い場合は、少し時間を増やしてみてくださいね。

レンチンブロッコリーの簡単調理法は?

 

レンチンしたブロッコリーを使って、簡単調理方法をご紹介します。

白だしにつけて作るブロッコリーを使った前菜

材料 4人分

プチトマト・・・15個

ブロッコリー・・・1株

モッツァレラチーズ・・・100g

水・・・300cc

白だし・・・大さじ4

 

作り方

  1. 水300ccに白だし大さじ4を加える。
  2. ①の中にレンチンしたブロッコリーと湯むきしたプチトマト、モッツァレラチーズを漬ける。
  3. お皿に盛り付けてできあがり。

白だしにつけてお皿に盛り合わせるだけなので、簡単に作れます。

次に、お弁当のおかずにもなる簡単レシピをご紹介します。

 

ブロッコリーの中華くらげ和え

材料 2人分

レンチンしたブロッコリーとパプリカ・・・合わせて100g

ハム・・・1枚

中華くらげ・・・40g

塩・こしょう・・・少々

 

作り方

  1. レンチンしたブロッコリーは小房に分け、パプリカは細切りにする。ハムは千切りにする。
  2. ブロッコリーとパプリカを耐熱皿にのせ、大さじ1~2杯の水を回しかける。ラップをして電子レンジ600Wで1分30秒~2分加熱する。
  3. ②にハムと中華クラゲを混ぜ、塩・こしょうで味を整えたらできあがり。

どちらも、5分以内で簡単に作ることができます。

ぜひ、やってみてくださいね。

 


レンチンしたブロッコリーの保存方法を紹介!

レンチンしたブロッコリーの保存方法は、2つあります。

冷蔵保存と、冷凍保存です。

順番にご紹介しますね!

 

冷蔵保存

冷蔵する場合は、レンチンしたブロッコリーの水気を切り、密閉できる容器に入れます。

この方法で、2~3日冷蔵庫で保存することができます。

 

冷凍保存

冷凍する場合は、レンチンしたブロッコリーの水気を切り、保存袋に入れます。

この方法で、約1ヶ月冷凍庫で保存することができます。

 

お勧めは、冷凍保存です。

保存期間が1ヶ月と長いのと、栄養素やきれいな色味を維持できるのが、冷凍保存です。

注意

いくら密閉にしても時間の経過と共に、風味や食感が落ちていくので、早めに召し上がるのがいいでしょう。

次に、冷凍ブロッコリーのレンチン解凍時間を見ていきます。

 

冷凍ブロッコリーのレンチン解凍時間は何分?

冷凍ブロッコリーを解凍する際、100gのブロッコリーと2分の1カップの水を耐熱皿に入れます。

ラップをして、電子レンジで加熱します。

市販の冷凍ブロッコリーと、自分で冷凍したブロッコリーの解凍時間は、下記の通りです。

冷凍ブロッコリーの種類 時間
市販の冷凍ブロッコリー 4~5分
自分で冷凍したブロッコリー 20~40秒

炒め料理や煮込み料理など、さらに加熱調理をする場合は、凍ったまま入れて作ることができます。

市販のブロッコリーは、カチカチに凍っているので、加熱時間が少し多めになるのがポイントです。

べちゃっとしない解凍方法のPOINT

冷凍保存をする下ごしらえの際に、ブロッコリーの表面に水気が残らないよう、しっかりと水気を切ることがポイントです。

また、キッチンペーパーを敷いた上に、しばらくブロッコリーを置くと、水気が取れるのでお勧めです。

 

まとめ

ブロッコリーをゆでる方法は、耐熱容器に入れて、レンジでチンするのがお勧めです。

レンチンの方が、時短で作ることができ、ブロッコリーに含まれる栄養価が高いまま食べることができるので、体にとてもいいです。

ブロッコリーをそのまま保存冷蔵すると、すぐに痛んでしまいますが、レンチンして冷凍保存すると、1ヶ月の間、栄養価が高いままできれいな色味を維持することができます。

ぜひ、やってみてくださいね。

ブロッコリーをレンチンして、日持ちするためには冷凍保存がいいのね。
そうね。私も今すぐやってみるわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です