赤ワインを使った料理で豚肉や鶏肉を調理の場合アルコールの代用可能な種類は?妊婦や未成年も大丈夫?

赤ワインを使った豚肉の煮込み料理などを作りたくても、赤ワインがなくてあきらめたり、また妊婦さんや未成年の方はアルコールが気になって作れないという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、赤ワインの代用可能な種類はノンアルコールでもあります。

そこで、赤ワインがない時の代用可能な種類についてや料理での使い方、また妊婦さんや未成年の方でも安心しておいしく食べられる代用レシピを紹介いたします。

赤ワインを使うと豚肉なんかも柔らかくなるって聞くけれど、子供が小さいからアルコールが気になって作ったことないのよ!代用でも赤ワインと同じように作れるものなのかしら?ぜひ教えてほしいわ!
妊婦なので赤ワインの煮込みとかアルコールを使った料理は好きだけど控えているの!ノンアルコールで赤ワインの代用料理を作れるなんて本当かしら?記事を読んで調べてみましょう!

 


赤ワインの代用可能な種類について

赤ワインを使って豚肉の煮込みなどを作りたいと思っても、赤ワインが常備されていないからとあきらめている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、赤ワインの代用可能な種類について調べてみました。

 

赤ワインの代用可能な種類

  • 赤ワインの代用で料理酒
  • 赤ワインの代用でジュース
  • 赤ワインの代用で白ワイン

 

赤ワインの代用で料理酒の使い方

赤ワインと同様に料理酒も豚肉や鶏肉などの料理で、臭みを取りうま味を引き出すために使われるので、赤ワインの代用として料理酒は可能です。

料理の下味をつける際に赤ワインの代用として使ったり、クランべする際に料理酒を使うなど赤ワインを少量使う料理の際にむいています。

ただし、料理酒は煮込みすぎるとうま味がなくなったり、赤ワイン煮込みなどのメインで料理酒を代用するとコクのない料理に仕上がることがあるので、赤ワインがメインとなる料理の際はやめておきましょう。

 

赤ワインの代用でジュースの使い方

赤ワインにはタンニンという成分とポリフェノールが豊富に含まれています。

そこで、赤ワインの代用として果物ジュースの種類の中でも、グレープジュースやクランベリージュースなどタンニンやポリフェノールが含まれているものが代用にむいています。

タンニンはお肉を柔らかくしてくれる効果があるので、鶏肉の煮込み料理など赤ワインの代用でジュースを使ってもおいしくやわらかく仕上がるのでおすすめです。

 

赤ワインの代用で白ワインの使い方

赤ワインほどコクはなくさっぱりした口当たりの白ワインですが、赤ワインの代用として料理に使うことはできます。

お肉や魚の臭みを消して、素材をやわらかくする作用もあるので少量使う分には問題なく代用できます。

しかし赤ワインがメインとなる煮込み料理にはむいていないので、炒め物や料理の下味などで代用すると良いでしょう。

 

赤ワインの代用で肉料理の作り方

赤ワインは豚肉や鶏肉の料理によく使われていますが、アルコールが飲めない妊婦さんや未成年にはできれば、他の種類で代用したいと考えるものです。

そこで、赤ワインの代用可能な種類で妊婦さんや未成年でもおいしく食べられる料理を調べてみました。

 

赤ワインの代用可能な種類で肉料理

  • 赤ワインの代用グレープジュースで鶏肉の煮込み
  • 赤ワインの代用ワインビネガーで豚肉の煮込み

 

グレープジュースの鶏肉の煮込み

鶏もも肉1枚を一口大に切り、油を薄くしいたフライパンで鶏肉の皮を下にして焼き色がつくまで両面をしっかり焼きます。

鶏肉の両面に焼き色がついたら、グレープジュース(クランベリーやリンゴジュースも可)1/2カップ、醤油大さじ1、ニンニク1片、バルサミコ酢大さじ1を入れて、中火で煮込んでいきます。

10分ほど煮込んで、ソースにとろみがついてきたら一味唐辛子を適量振りかけて、3分ほど煮込んだら鶏肉をお皿に取り出し、ソースだけトロトロになるまで煮込んで、ソースをお皿の鶏肉にかけたら完成です。

煮込みすぎると、ソースが飴状になってくるので、スプーンですくってトロッとする感じくらいで止めましょう。

 

ワインビネガーの豚肉の煮込み

豚肉200gほど(細切れでもバラでも可)全体に塩コショウして下味を揉み込み、キャベツ1/2個をざく切りにします。

鍋にオリーブオイルを敷いて、ニンニク1片を潰して入れたら香りが出るまで炒めて、豚肉を入れてしっかり焼き色をつけていきます。

いったん豚肉を取り出して、キャベツを加えたら塩ひとつまみ振りかけて、キャベツの上に豚肉を敷くように並べていきます。

水大さじ2を入れたら鍋の蓋をして、少し強めの弱火にかけて15分~20分ほど蒸し焼きにします。

蓋を開けてキャベツのカサが半分以下くらいに減っているので、そこでワインビネガー大さじ2を入れて蓋をしてさらに5分ほど煮込んだら完成です。

赤ワインで煮込むより、さっぱりした味で食べられますし、たくさん作って冷蔵庫で2~3日保存もできます。

 


赤ワインの代用で定番の人気料理

赤ワインと言えばハヤシライスなど、子供にも人気メニューですが、妊婦さんや未成年の方は赤ワインのアルコール量が気になるところです。

そこで赤ワインの代用でも作れる人気の定番メニューの作り方を紹介いたします。

 

赤ワインの代用トマトジュースのハヤシライス

豚肉の細切れ300gを一口大に切って小麦粉を全体にはたいておき、玉ねぎ1個は薄切りにしておきます。

フライパンにバターをしいて玉ねぎを透き通るまで炒めたら、豚肉を入れてしっかり火を通します。

水1カップ、トマトジュース200㏄、コンソメ1粒、ウスターソース大さじ1、ケチャップ大さじ1、ローリエを加えてフライパンの底から全体をしっかりかき混ぜます。

全体が沸々してきたら弱火にして、焦げ付かないよう時々かき混ぜながら20~30分煮込んで、最後に醤油大さじ1を隠し味に加えて3分ほど煮込んだら完成です。

 

赤ワインの代用でリンゴジュースのステーキソース

玉ねぎ1/4個をすりおろしておき、耐熱器にリンゴジュース50㏄、醤油大さじ2、料理酒大さじ1を入れて600wのレンジで50秒ほど加熱してアルコール分を飛ばします。

すりおろした玉ねぎを加えて混ぜたら、1時間ほど放置して全体をなじませたら完成です。

鶏肉のチキンステーキやハンバーグなどにかけてもおいしく、小さいお子様でも妊婦さんでも安心して食べられます。

 

赤ワインの代用でグレープジュースやリンゴジュースが使えるなんて知らなかったわ!同じような成分が含まれているからお肉もちゃんと柔らかくなるのね!これなら子供でも安心して食べられるわ!
ワインビネガーも赤ワインの代用で使うことができるのね!確かにお酢もお肉を柔らかくする効果があるって聞いたことあるわ!他にもジュースを使う方法とか、これからは代用で安心して料理が食べられるわ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です