麦味噌漬けの食べ方は?大根やたくあんに使うとおいしい?

麦味噌ってなじみがなくて、食べ方がわからない…というあなた!

ぜひ麦味噌漬けを食べてみてください!

麦味噌漬けにした大根で、とっても美味しいたくあんができます。

このたくあんはご飯が進みますよ~!

大根などの野菜だけでなく、肉や魚、卵も麦味噌漬けにできます。

今回は、麦味噌漬けの食べ方をご紹介しますね♪

麦味噌漬けって美味しいのかな?

麦味噌漬けの表面についた麦味噌は、キレイに落として食べるのかしら?

麦味噌漬けは、麦味噌の甘みと香りがあって、とっても美味しいの!!

麦味噌漬けの食べ方をお伝えするので、ぜひ食べてみてくださいね。


麦味噌とは?

麦味噌は、米味噌・豆味噌と並ぶ味噌の種類です。

九州や山口、愛媛などでは、田舎味噌とも呼ばれます。

麦の麹が豊富に使われているので、甘みが強いです。

 

麦味噌の作り方は、大豆に麦麹と塩を混ぜて、発酵・熟成させます。

麦麹の独特の香りとコクがあるのが最大の特徴です。

麦味噌は、野菜や魚などの味噌漬けで食べると、うまみや香りを堪能できオススメです。

 

麦味噌は、甘口と辛口があります。

甘口味噌は、麹歩合が15~25%で甘みが強く、塩分は9~11%です。

瀬戸内麦味噌、長崎味噌、薩摩味噌などが代表的です。

塩分控えめですね。

関東地方で作られる辛口味噌は、麹歩合が5~10%で、塩分が11~13%となっています。

 

麦味噌漬けって、どうやって作るの?

麦味噌漬けは、麦味噌を使えば家で簡単に作れます。

九州などでは、麦味噌漬けがスーパーで普通に売られていますが、なじみのない地域の人は手作りしてみるのもいいですね!
大根の麦味噌漬けの作り方
1、大根1本を食べやすい大きさに切り、塩をまぶし、水分を取ります。
2、麦味噌200gと、焼酎少々、塩少々、砂糖大さじ2をジップロックに入れて混ぜます。
3、2に大根を2~3日ほど漬けたらできあがりです。

甘さを控えたい場合は、砂糖を大さじ1にしてくださいね。

麦味噌は、米味噌と比べると食物繊維とたんぱく質が多めに含まれています。

便秘解消など、美容と健康にもいいですね。

白身魚や、少し厚みのある豚肉でも、麦味噌に漬け込んで2日程度で麦味噌漬けになります。

 


麦味噌漬けの食べ方は?

麦味噌漬けの表面についた味噌ですが、手で落とす程度にして食べるのが基本です。

もし表面についた味噌が気になる場合は、キレイにとってもいいですし、たくあんなら洗ってもいいです。

麦味噌の香ばしい風味は、熟成されたたくあんにしみ込んでいますので、じゅうぶん美味しいですよ。

噛むと、口の中でうまみが広がります。

麦味噌のたくあんは、冷やして食べるとさらに美味しくなるのでオススメです!

白身魚や豚肉の麦味噌漬けを焼くときは、味噌を残してあるため焦げやすくなっています。

火加減に注意してくださいね。

 

麦味噌漬けの食べ方は?大根やたくあんに使うとおいしい?まとめ

麦味噌漬けの表面についた味噌は、手で落とす程度でいいんですね。

味噌漬けといっても辛すぎず、独特の甘みが口の中に広がり、クセになります。

九州では、スーパーなどに置いてある定番の漬物です。

とっても美味しいので、お土産にも喜ばれる一品ですよ。

麦味噌漬けは家でも簡単に作れるので、試してみる価値ありです!!

麦味噌漬けは、ご飯はもちろん、お酒にも合います!

独特の甘みにハマる人が続出しているらしいですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です