コチュジャンの春雨スープの作り方は?鶏肉と卵とキャベツを使ってレンジで簡単にダイエット!

春雨スープはダイエットに最適ですが、中でもコチュジャンを使ったスープがお勧めです。

鶏肉、卵、キャベツを加えれば無理なくダイエットできますし、レンジで簡単に作れます。

コチュジャンスープと、鶏肉、卵、キャベツを使ったレシピ、さらにレンジでの作り方を紹介します。

中華料理に欠かせないコチュジャンですが、辛みが強いのでなかなか消費できないんです。

レシピの幅を増やして、コチュジャンをもっと使っていきたいです!

それならスープに使うのがオススメです!

夏は食欲増進、冬は体を温める効果がありますよ。

体が温まれば代謝も促進しますから、ダイエットにもつながるでしょう。


コチュジャンを使って春雨スープを作ろう!低カロリーなのでダイエットにも!

コチュジャンを使った春雨スープの材料はこちら。

コチュジャンはそれだけで味が整うので、他の調味料を入れる手間が省けます。

春雨はダイエットの味方でもありますから、リピートして作ることもあるかもしれませんね。

コチュジャン 大さじ1
鶏がらスープ(顆粒) 小さじ2
400ml
春雨 15g

水を沸騰させたら、春雨を加えて戻し、コチュジャンと鶏がらを入れて完成です。

春雨は低カロリーなので、物足りなければ春雨を多くしてもOK。

白ゴマや刻んだネギを加えて色を足すと、より見た目がおいしそうになりますよ。

 

春雨はすぐ戻りますから、水が沸騰したら短時間でさっと作れます。

もう一品食卓に欲しいときに、すぐ作れる便利なレシピです。

鶏肉、卵、キャベツを加えて栄養をプラス!短時間のメリットを活かす!

春雨だけだとあっさりしすぎて、ダイエットに役立てるとはいえ栄養面がこころもとないです。

 

そこで、ダイエットを妨げない食材をプラスして、栄養面を補強しましょう!

短時間で作れるのが春雨スープのメリットの1つなので、火が通りやすい食材を選ぶと効率が落ちません。

鶏肉

お肉が入るとうまみが出て食べやすくなりますね。

カロリーが気になる方は、むね肉やモモ肉ではなく、ささみをチョイスしましょう。

切る手間がない手軽さが魅力ですが、固まる前に混ぜてしまうと、卵を摂取するのにスープを飲む必要がでてきます。

辛いものが苦手な人はスープを飲むのが大変かも。

卵を加える場合は、好みに合わせて固まり具合を調整しましょう。

キャベツ

手でちぎるだけでOK!

ダイエット中だからこそ、不足しがちな野菜を少しでも補うことを意識しましょう。

たくさん食べてもカロリーに響きにくいので、満腹感を得るために多めに入れるのもオススメです。

 

春雨を多くすることでボリュームアップできるとはいえ、他の料理との食べ合わせによっては物足りなくなるかもしれません。

これらの食材を使って、低カロリー、短時間のメリットを活かしつつ、作ってみてはいかがでしょうか。


レンジを使ってマグカップスープにすれば簡単

マグカップに材料を入れてレンジで加熱すれば、簡単にスープが作れます。

コチュジャンは味がしっかりしているので、長く煮こんだり、いろいろな調味料を入れたりする必要がありません。

マグカップにコチュジャンと鶏がらスープを入れて、レンジにかけるだけでおいしいスープになります!

POINT
春雨は火が通りやすいので、加熱不十分ということはあまりないので、簡単に作れるのも〇。

 

作り方

  1. マグカップは材料も入りきる大きめのものを使う
  2. ラップをふんわりかける。
    ぴったりかけると破裂したり空けるときに上記でやけどしたりする恐れがあるので注意。
  3. 3~5分を目安に加熱する。

材料は基本の春雨スープに好きな食材を加えるだけ!

もちろん、上記の鶏肉、卵、キャベツもオススメです。

鶏肉は確実に火が通るように、小さく切ってください。

 

他には、火が通りやすい葉物野菜やキノコ類がいいでしょう。

じゃがいもなど火が通りにくい食材を入れたいときは、小さく切って十分に加熱してください。

コチュジャンを使えば、あっさりした春雨スープも味にコクがでますね!

ダイエット中とはいえ、味気なさすぎる食事もつらいですから活用したいです。

調味料の中でも残りがちなコチュジャンを有効活用できるレシピ、試してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です