にんにくの効果的な食べ方は?血圧管理やダイエットに最適な量や料理の作り方を調査!

にんにくは、血圧をおさえたりダイエットを促したりと、健康効果のある食材です。

にんにくの効能を得るために、効果的な食べ方を知っておきたいですよね!

食べ方によって、血圧やダイエットへの有効性は変わるのでしょうか?!

最適な量や料理も気になります。

にんにくの性質と、効果を得られる量や料理の仕方を調査しました!

にんにくは、高血圧やダイエットに効果があるって本当?どのくらい食べれば良いのかな?
にんにくの効能をじゅうぶんに生かすために、ふさわしい量や調理法を知ってから、料理を作りたいわね!


にんにくの効果的な食べ方は?

多くの健康効果があるといわれるにんにくは、スーパーなどで手軽に買えて、料理にも使いやすいですよね。

そんなにんにくの健康効果を、しっかり得られる食べ方があるんです。

オススメの食べ方を紹介しますので、チェックしてくださいね。

 

にんにくをすりおろして、生で食べる!

にんにくは、すりおろして生で食べるのが効果的です。

すりおろすと、にんにくの繊維質が破壊され、有効成分アリインと酵素アリナーゼが反応し、アリシンという成分になります。

アリシンは、にんにくのにおいのもとで、健康効果を生み出す成分です。

時間が経つとにおいがきつくなり、アリシンの有効性も低下するため、食べる直前にすりおろすのが良いです。

 

にんにくをビタミンB1と組み合わせて食べる!

にんにくは、ビタミンB1と組み合わせて食べるのが効果的です。

ビタミンB1は、豚肉に多く含まれ、糖質からエネルギーを取り出すもので、不足すればエネルギー不足で疲労を招きます。

にんにくの有効成分アリシンとビタミンB1が結合すると、ビタミンB1が吸収されやすいアリインに変化します。

ビタミンB1をしっかり摂取することで、疲労回復につながるんです。

  • にんにくの有効成分アリシンは、にんにくの健康効果を生み出すものである。
  • アリシンを効果的に摂取するには、すりおろして生で食べるか、ビタミンB1と組み合わせて食べるのがポイント。

 

にんにくは血圧管理やダイエットに有効?!その理由は?

にんにくは、血圧をおさえたり、ダイエットを促したりする効果があるといわれます。

にんにくのどんな成分が、血圧やダイエットに効果的なのでしょうか?

また、効果を出すにはどのくらいの量を食べれば良いのでしょうか?

 

にんにくは血圧管理に有効?!

にんにくは、血圧を下げてくれる「食べる降圧剤」として、評価が高まっています。

にんにくが血圧を下げる理由は、にんにくにイオウ化合物が多く含まれるからです。

血圧に作用するのは、以下の3つのイオウ化合物です。

アリイン にんにくを加熱調理すると、そのまま摂取できる。 コレステロール値の上昇をおさえ、血行を促進させ、血圧を下げる。
スルフィド類 アリシンをオイルに溶かした際に分解結合して生成される。 血小板の粘着力を弱める作用があり、血流を良くして血圧を下げる。
硫化水素 にんにくを食べた後に体内で生成される。 血管に硫化水素が入ると、血管が酸素を多く取り込もうとして拡張するため、血圧が下がる。

にんにくは、これら3つの成分が総合して、血圧を下げる効果を発揮しているのです。

 

にんにくはダイエットに有効?!

にんにくは、ダイエットにも効果があるといわれています。

ダイエットに効果がある理由となるのは、以下の成分です。

アリイン 体内でビタミンB1と結合してできるアリチアミンが、糖質のエネルギー代謝を活発にする。
スコルジニン 血管を広げて血流を良くすることで新陳代謝を促進し、冷え症を改善する。
ニンニクレクチン 全身の免疫力を高めるため、ダイエット中の栄養の偏りからくる体調不良を防ぐ。

にんにくでダイエットの効果を出すには、必ずビタミンB1を含む食品といっしょに食べることが重要です。

ビタミンB1は豚肉が有名ですが、そのほかにもウナギ、玄米、レバー、大豆、のりなどに含まれますよ。

 

ダイエットに効果的な量や料理は?

にんにくをダイエット中に食べるときは、1~2片ほどにしておきましょう。

薬味としてにんにくを使うなら、1~2片でもじゅうぶん使えますよね。

オリーブオイルを使った「ガーリックオリーブオイル」を作り置きしておけば、手軽に食べられますよ。

ガーリックオリーブオイルのレシピ

  1. にんにく100gと、オリーブオイル400ccを用意する。
  2. にんにくの皮をむいて芽をとったら、みじん切りにする。
  3. 刻んだにんにくを、オリーブオイルを入れたフライパンに入れて、中火で炒める。
  4. にんにくが焦げないよう注意し、色が変わり始めたら火を止めて、常温になったら完成!

ビタミンB1が豊富な豚肉にかけて食べると、美味しいですよ♪

  • にんにくがもつ3つのイオウ化合物には、血圧を下げる効果がある。
  • にんにくをビタミンB1といっしょに食べると、ダイエット効果が期待できる。
  • にんにくの摂取は、1日に1~2片程度にする。

 

にんにくに含まれる成分には、ダイエットだけでなく、血圧を下げる効果があるなんてびっくり!
薬味として取り入れると、毎日手軽に食べることができますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です