ベーキングパウダーの代用は重曹だけじゃない!ドライイーストや炭酸水でも可能!クッキーを作るならコーンスターチでもおすすめ!

お菓子作りに欠かせないベーキングパウダーの代用は重曹だけではありません。

ベーキングパウダーの代用として重曹以外にも、ドライイースト、炭酸水、コーンスターチを使って、ふっくらサクサクのお菓子を作ることはできるのです。

そこで、ベーキングパウダーの代用について、ドライイースト、炭酸水、コーンスターチの使い方から、簡単なおすすめ代用レシピ、さらにベーキングパウダーと重曹のお菓子作り以外の使い方について紹介いたします。

ベーキングパウダーや重曹じゃないと、お菓子はきれいに膨らまないんじゃないかしら?ドライイーストだと手間がかかるし、炭酸水だと効果弱そうだけど、どんな使い方があるのか教えてほしいわ!
ドライイーストはパン作りに使ってから余って困っていたのよ!ベーキングパウダーの代用でドライイーストでもケーキが焼けたりするのかしら?ちょっと記事を読んでみましょう!


ベーキングパウダーの代用について

ベーキングパウダーの代用として重曹、ドライイースト、炭酸水を使用する際、それぞれの違いから代用の仕方について調べてみました。

ベーキングパウダーの代用について

  • 重曹でベーキングパウダーの代用
  • ドライイーストでベーキングパウダーの代用
  • 炭酸水でベーキングパウダーの代用

 

ベーキングパウダーの代用重曹について

ベーキングパウダーも重曹も加熱したり、酸性の液体と混ざると炭酸ガスが発生し生地をふくらませる効果があることから、お菓子作りや料理に使われます。

同じような性質をもつ二つですが、違いとしてはお菓子を焼いたりしたときなど、重曹の場合生地が黄色っぽくなったり、味に独特の苦みが混じることがあります。

そこで重曹のように味や見た目に影響がでないようにするために、クエン酸などを加えて少量の重曹でも炭酸ガスを発生させて生地が膨らむようにしたのがベーキングパウダーです。

ベーキングパウダーは重曹をもとにできているので、この二つはそれぞれ代用可能です。

 

ベーキングパウダーの代用ドライイーストについて

ドライイーストは酵母を乾燥させて顆粒状にしたもので、水を加えて暖かい場所に置いておくことで炭酸ガスが発生して生地が膨らみます。

膨らむ性質はベーキングパウダーと同じなので、二つは代用可能です。

ただし、ベーキングパウダーはふんわりしてもサクサク感がでたり、一方のドライイーストは炭酸ガスが発生するまで生地を寝かせる必要があり、仕上がりはふんわりもっちり弾力があります。

若干違いがありますが、ドーナツやマフィンなどふんわり生地のお菓子を作る際には代用でもおいしく作れます。

 

ベーキングパウダーの代用炭酸水について

炭酸水もベーキングパウダーの代用は可能ですが、ベーキングパウダーの代用として使用する際、液体のためクッキーなどは少し扱いが難しい場合があります。

水分を含んでしっとりふっくらできる、マフィンやパンケーキなどがおすすめです。

また一度封を開けた炭酸水は、しっかり閉めても炭酸が抜けてしまうのでベーキングパウダーの代用に使うなら未開封のもので使いきるようにしましょう。

ベーキングパウダーの代用でお菓子作り

ベーキングパウダーがなくても代用のコーンスターチや炭酸水、ドライイーストでおすすめのお菓子の作り方を紹介いたします。

ベーキングパウダーがなくてもできるお菓子作り

  • コーンスターチでクッキー
  • 炭酸水でパンケーキ
  • ドライイーストでマフィン

 

コーンスターチでサクサククッキー

オーブンを180度に予熱しておき、ビニール袋にコーンスターチ50gと砂糖15g入れて混ぜ合わせます。

コーンスターチと砂糖を混ぜたビニール袋に、マーガリン30gを入れて全体をこねます。

粉っぽさがなくなり全体がまとまったら袋のまま棒状に形を作り、5~8㎜の幅に切ります。

切る前に生地が柔らかくなりすぎていたら、冷蔵庫で10分くらい冷やしてください。

180度のオーブンで15~20分焼いたら完成で、見た目はあまり焼き色はついていませんが、さっくさくのおいしいクッキーになっています。

 

簡単炭酸水でパンケーキ

ホットケーキミックス1袋(200g)に炭酸水200㏄を加えて混ぜます。

油を敷いたフライパンに弱火にして生地を入れて、表面にぷつぷつ気泡がでてきたら裏返します。

全体に火が通ったら完成で、材料2つだけですぐできて、朝など作り置きしても炭酸水で生地の半日以上ふわふわ感も長持ちします。

 

発酵いらずドライイーストでマフィン

バター10gをレンジ600wで30~40秒温めて溶かしておきます。

オーブンを180度で予熱しておき、ボウルに溶かしたバターと卵2個、砂糖60gを加えてよく混ぜます。

強力粉200gとドライイースト5g、水200mlをボウルに加えてしっかり混ぜたら、別のボウルや深みのあるバットに50度くらいのお湯をはり、30分湯煎します。

型に薄く油を塗って、型の8分目まで生地を流し込み、一度型を高いところから落として空気を抜きます。

180度のオーブンで20分焼いて、竹串を刺してみて生地がついてこなければ完成です。

お好みでチョコチップや角切りに小さく切ったチーズなどトッピングして生地を焼いてもおいしくできます。

 


お菓子だけじゃない!ベーキングパウダーや重曹の使い方

お菓子作り以外にも、ベーキングパウダーや重曹には料理での使い方や、下ごしらえでの便利で上手な使い方があるので紹介いたします。

 

ベーキングパウダーでふっくらナン

強力粉100g、薄力粉100g、ベーキングパウダー小さじ2、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1をすべてボウルに入れて混ぜたら、牛乳130㏄を入れてざっと混ぜます。

生地がくっつくので泡立て器より木べらで混ぜると混ぜやすいです。

生地がまとまってきたら、サラダ油大さじ1を加えてひとまとめにして、3~4分こねたら、ラップをして15分生地を休ませます。

15分経ったら生地を4等分にして、しずく型に麺棒を使って伸ばしていき、熱したフライパンに油小さじ1をひいて、生地をしいたら蓋をして、フライパンで中火で片面3分、裏返して2分ほど焼いたら完成です。

ベーキングパウダーでもふっくらやわらかなナンに仕上がるので、ドライイーストがないときなど代用可能です。

 

重曹はいろんな料理の下ごしらえにも活躍

重曹はたんぱく質を分解してお肉を柔らかくしてくれる効果があるので、ステーキやとんかつ、角煮などの肉料理にも使えます。

やり方は水250㏄に重曹小さじ1を混ぜて、肉を入れて30分~1時間浸すだけで、料理する際は、重曹を洗い流して水気を切ってから使用してください。

また魚の消臭効果やぬめりとりにも効果があり、魚をさばく際など重曹を振りかけて使うと、さばきやすく魚の臭みもとれるのでおすすめです。

ただし、重曹を残したままだと、苦味がでるので料理する前にしっかり重曹は洗い流しましょう。

ベーキングパウダーや重曹がなくても炭酸水でパンケーキを作ることもできるなんて知らなかったわ!コーンスターチのクッキーも簡単だし、早速作ってみましょう!
ドライイーストで発酵しなくてもお菓子が作れるなんていいわね!これであまったドライイーストを無駄にしなくて済むわ!他にもいろんな代用方法がわかったし、これからは困らずに済みそうだわ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です