自家製マヨネーズの簡単作り方!全卵使用で「ミキサーなし」で振るだけの方法を紹介!

子供から大人まで大人気の「マヨネーズ」は、実は簡単に作ることができます。

そんな、ハンドミキサーを使わない、全卵使用の振るだけ「ミキサーなし」の自家製マヨネーズの作り方をご紹介します!

ミキサーなし、の作り方は振るだけ?本当にハンドミキサーなしでもマヨネーズが作れるの?などの疑問を解決するため、具体的な作り方と作るときのポイントも詳しくお伝えします。

簡単で人気の作り方を知って、自家製マヨネーズ作りにチャレンジしましょう!

マヨネーズが本当に家で簡単に手作りできるのかしら?
ハンドミキサーなしで作れたら、洗い物が少なくて便利だけど、本当にちゃんとできるの?全卵使用だったら、無駄がなくていいけど……。


人気調味料、マヨネーズの基本!

マヨネーズとは、食用油、卵、酢を主原料とした半固形状のドレッシングのことです。

ちなみに、マヨネーズ(Mayonnaise)はフランス語です。

マヨネーズには卵をすべて使う「全卵タイプ」と、卵黄しか使わない「卵黄タイプ」の2種類があり、日本での主流は卵黄タイプです。

全卵タイプはあっさりしていて酸味が強く、卵黄タイプはクリーミーでまろやか、という特徴があります。

 

「マヨネーズは太りそう」というイメージがあるかもしれませんが、実際、大さじ1でおよそ100キロカロリーと大分高い数字になっています。

また、マヨネーズはその70%が脂質となっているので、摂取は一日あたり大さじ1くらいを目安にしましょう。

しかし、高いと言っても、サラダ油は大さじ1でおよそ120キロカロリーとマヨネーズよりも高いので、調味油の代わりとしての使用はむしろカロリーオフになります。

 

開封したら冷蔵庫での保存が基本で、開封後1ヶ月を目安に使い切りましょう。

注意
0℃以下になると分離が進んでしまうので、冷凍庫や冷気の吹き出し口付近での保管はNG!

開封前なら常温で製造から1年ほどは保存できます。

 

市販されているマヨネーズには、原料の酢や食塩のみで防腐処理を行っているため、保存料も着色料も入っていません!

POINT
マヨネーズの原料は、食用油、卵、酢と塩などの調味料のみ!

それは、日本におけるマヨネーズの規格では、保存料や着色料が含まれているものはマヨネーズに含まれないから。

ちなみに、日本以外の世界各国で作られるマヨネーズの多くが日本で販売されるときは、マヨネーズでありながら「半固形状ドレッシング」という分類で売られるそうです。

それでも市販のものは味を調えるためにいろいろなものが加えられているのも事実です。

できるだけ安全なものが食べたい!という方は、自家製マヨネーズ作りにチャレンジしましょう!

 

簡単なマヨネーズの作り方をご紹介!

濃厚クリーミーながらさっぱりとした酸味が特徴のマヨネーズ。

「マヨラー」と呼ばれる、マヨネーズが大好きで何にでもかけてしまう人がいるほど大人気ですが、本当に自家製でもおいしく簡単に作ることができるのでしょうか?

 

手作りマヨネーズの基本の作り方

まずは、基本の自家製マヨネーズの材料とその分量、作り方のポイントをご紹介していきます。

材料と作りやすい分量です。

卵(全卵) 1個
サラダ油 1カップ・200ミリリットル
小さじ2
小さじ1/4~1/3
こしょう 少々

お好みでマスタードを入れてもおいしいですよ♪

 

では、作り方とそのポイントをご紹介します。

POINT
作る前に、すべての材料を冷蔵庫からだし室温に戻しておきましょう。

材料が冷たいと分離しやすくなってしまうため、混ぜるのが大変になってしまいます。

 

ボウルに油と酢以外の材料を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせます。

 

油を少しずつ加えながら混ぜていき、とろみが出てきたら入れる油の量を増やしていきます。

注意
油を一気に入れてしまうと、分離が進んでしまいます!

油を入れるたびにしっかりと混ぜていくことが重要です。

半量まで加えたら、酢を加え、さらに混ぜていきます。

 

③すべての油を加えて、全体が白っぽくなり角が立つくらいのかたさになったら、完成です!

手作りマヨネーズは生卵を使用しているため、できるだけその日のうちに食べきってください。

卵や油などは新鮮なものを使う、というのもポイントです!

 

振るだけでもできる?片付け楽ちんな作り方も!

泡立て器を使って混ぜ合わせる基本の作り方は、市販のものよりも新線でおいしいのが特徴ですが、ミキサーなしではとにかく混ぜるのが大変です。

しかし、豆乳を使って作るマヨネーズなら、容器に入れて振るだけで作ることができます!

卵を使わないので、コレステロールが気になる方にもオススメですよ♪

 

では、その豆乳マヨネーズの材料とその分量、作り方をご紹介します。

まずは材料、分量は作りやすい量です。

無調整豆乳 30グラム
油(オススメはオリーブオイル) 20グラム
15グラム
1グラム
こしょう 少々

作り方は、材料すべてをふた付きの瓶などの容器に入れて、3分ほど振るだけ!

専用のシェイカーなども販売されていますが、振っても中身がこぼれない容器があれば大丈夫です。

 

豆乳マヨネーズは普通のマヨネーズよりもカロリーが低く、塩分量も低いのが特徴です。

さらに油をオリーブオイルにすることで豆乳との相乗効果により、体全体の抗酸化や高血圧・動脈硬化・心臓病など生活習慣病の予防に役立ちます。

 

けれど、なぜ豆乳でマヨネーズができるのか不思議ですよね?

卵を使わずに豆乳でもマヨネーズができる理由は、豆乳にも卵と同じ、酢と油を調和させるはたらきがある成分「レシチン」が含まれているから!

レシチンの量は豆乳よりも卵の方が多いので、豆乳マヨネーズは卵で作ったマヨネーズよりも分離しやすくなってしまいます。

どちらにしても、手作りマヨネーズは早めに食べきることが大事ですよ♪


自家製マヨネーズのオススメアレンジ方法もご紹介!

自家製マヨネーズの魅力は、材料を変えることで自分の好きなようにアレンジができるところです。

マヨネーズに使う油や酢に決まりはないため、油や酢を変えるだけで風味や味わいが大きく違ったマヨネーズを楽しむことができます。

そんな油と酢を変えた場合のそれぞれの特徴をご紹介します!

 

油を変えれば、中華やエスニックに!

マヨネーズ作りに使われる油で一般的なのはサラダ油ですが、他の油でもマヨネーズは作れます!

マヨネーズ作りにオススメの油は3つ!

  • オリーブオイル
  • ごま油
  • ココナッツオイル

そのそれぞれの特徴をご紹介します。

 

香り豊かなオリーブオイルはクセがなく使いやすい!

オリーブオイルを使ったマヨネーズの特徴は香りの良さ。

POINT
「エキストラバージン」を使うと香りが強すぎてしまうので、マヨネーズづくりには「ピュア」がオススメです。

オリーブオイルの香りを強く出したい場合は、エキストラバージンとピュアの比率を1:3の配合にするとほどよい具合になりますよ♪

 

クセがないので、野菜にかけても炒め物に使ってもおいしいのが特徴です。

ごま油なら中華風の味わいになりおつまみにも!

ごま油を使ってマヨネーズを作れば、香ばしく一気に中華風な味わいになります!

そのままでもおつまみになりそうなほどコクが深く、ポテトサラダや豚しゃぶ・バンバンジーなど肉を使ったサラダ料理に相性抜群です。

 

ココナッツオイルならエキゾチックな味わいでエスニックに合う!

ココナッツオイルを使ったマヨネーズは、エキゾチックな風味がクセになり、料理に使えばエスニックで独特な風味に仕上がります。

注意
オリーブオイルやごま油と比べると混ざりにくい性質のため、量は少なめに!

油の量を控えた分、卵の味をしっかり感じられる濃厚なマヨネーズになるのも魅力です。

卵料理と相性がいいので、オムレツやゆで卵にかけて食べるのがオススメです!

どのアレンジマヨネーズも、清潔な容器に入れて冷蔵庫で保管し一日以内に使い切るようにしましょう。

 

酢を変えればコクが変わる?レモン汁で代用も!

酢にもいろいろな種類があり、一般的なのはお手頃な穀物酢や香りが強い米酢ですが、クセが強い他の酢で作っても違った風味・味わいが楽しめるためチャレンジしてみるのもありかと思います。

 

黒酢で作られたものは「ブラックマヨネーズ」とも呼ばれ、黒酢の独特の風味とコクがクセになる味わいで、肉料理と相性がいいそうです。

ワインビネガーで作られたものは、卵の味がはっきりと感じられて全体がキリッと締まるのが特徴です。

使用するのは白ワインビネガーで、酸味が強いので入れすぎに注意してください。

 

また、酢の代わりにレモン汁を使うとさっぱりした味わいになりオススメです。

分量は酢とほぼ同じなので使いやすく、酢と併用して使っても複雑な酸味になりおいしいですよ♪

レモン汁には酢のような殺菌作用はないため、早めに使い切ることが重要です。

ここまで、マヨネーズについて、自家製マヨネーズの作り方、そのアレンジ方法についてお伝えしてきました。

手作りのマヨネーズなら安心して食べることができますし、振るだけなど簡単に作れるので、ぜひご家庭で作ってみてくださいね♪

マヨネーズの材料は基本的に卵と油と酢と調味料だけで、作り方も混ぜるだけだから簡単なのね!でも、混ぜ方を間違えるとちゃんと混ざり合わなくて失敗してしまうから、注意が必要ね。
泡立て器を使って作るのが基本だけど、密閉できる容器があれば振るだけでもできるなんて画期的ね!でも、手作りはどんな風に作っても日持ちはしないから、作る量は食べきれるだけにしないといけないわね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です