カレー粉の作り方は簡単?カレールーを使わずスパイスと小麦粉で調理する美味しいカレーとは?

カレーは家庭料理の中でも人気メニューですよね。

市販のカレールーを使うと簡単ですが、味が固定されがちです。

カレー粉は、スパイスと小麦粉で簡単に作れるんです!

手作りカレールーは保存もできますよ。

スパイスと小麦粉を使ったカレー粉の作り方や、そのカレー粉を使ったカレー料理の作り方をご紹介します!

カレー粉って、自分で簡単に作れるのかな?どんなスパイスが要るのかな?
作り方を見たら、そんなに難しくないことがわかるわよ!スパイスをうまく配合すれば本格的な味のカレーになるから、さっそく作り方を見ていきましょう!


手作りでカレールーはできる?どんなスパイスを使うの?

市販のカレールーを買わなくても、カレールーは手作りすることができます。

カレーにはスパイスが欠かせませんよね。

スパイスは、それぞれカレーに香りや色、辛みをつけているんです。

 

香りをつけるスパイスは?

カレーのにおいは、とても食欲をそそりますよね。

いくつかのスパイスが混ざることで、独特のエスニックな香りを出しているんです。

クミン カレー粉の主原料で、エスニックな香り。
コリアンダー 甘くさわやかな香り。
シナモン お菓子などの香りづけに使われる。
クローブ 肉の臭み消しに使う、強い香りを持つ。
ローレル 月桂樹のことで、さわやかな香り。
オールスパイス 単品のスパイスで、シナモン、クローブ、ナツメグを混ぜたような香りがする。
カルダモン さわやかな刺激性の香り。
ガーリック にんにく。うまみと香りが出る。

臭み消しに使われるようなスパイスもあります。

入れすぎると刺激的すぎる場合もあるので、カレー粉を作るときは分量を守ってくださいね。

 

色をつけるスパイスは?

カレーの色はご存知の通り、黄色です。

黄色を出しているスパイスは、ターメリックです。

ターメリック うこん。カレーの黄色い色をつけるスパイス。

うこんに含まれるクルクミンは、肝機能改善や解毒に効果があり、二日酔いに効果があることで有名ですよね。

このクルクミンが、黄色い色素成分なのです。

 

辛みをつけるスパイスは?

カレーは、単純に辛いだけでなく、深みのある辛さがありますね。

辛さは次のようなスパイスを入れることで調節できますよ。

ジンジャー しょうが。
ホワイトペッパー コショウ。
カイエンペッパー とうがらし。

カイエンペッパーはとうがらしなので、少し入れるだけで辛くなります。

お子様のカレーには入れなくて良いでしょう。

辛いのが苦手な方は、入れすぎに注意してくださいね。

カレー粉をつくるとき、スパイスの分量は?

スパイスは、バランスよく組み合わせましょう。

パウダーならそのままでOKですが、ホールのスパイスであれば、すりばちで細かくすりつぶします。

7種のスパイスで、簡単にカレー粉を作る分量をご紹介します。

POINT

クミン      大さじ8
ターメリック   大さじ3
コリアンダー   大さじ4
カルダモン    大さじ4
シナモン     小さじ2
ナツメグ     小さじ2
カイエンペッパー 小さじ1/2

最初は分量を守って、慣れてきたらお好みで調節してください。

 

スパイスで味を調節するにはどうすればいい?

スパイスの分量を調節して、自分好みのカレー粉を作りたいですよね。

インド風にしたいときは、クミンやコリアンダーを多く入れると、エスニックな味が強くなります。

また、ガーリックを多めに入れると、うまみと香りが増しますよ。

まろやかにしたいときはターメリックを多めにしてください。

甘口のカレーを作るときは、辛みであるカイエンペッパーは入れなくてOKです。

 

スパイスの準備ができたあとは?

スパイスの準備ができたら、いよいよ自家製のカレー粉を作ります。

  1. フライパンにスパイスを入れて、火にかける。
  2. スパイスを焦がさないよう注意し、弱火でじっくり炒る。
  3. スパイスの香りがたってきたら、火を止める。

粗熱をとり、密閉容器に入れておきましょう。

1ヶ月ほど熟成させると、バランスの良い味になるのでオススメです。

これで、カレー粉は完成です!!

 


手作りのカレー粉を使った、カレーの作り方は?

カレー粉ができたら、さっそくカレーを作ってみましょう!

小麦粉(薄力粉)を使えば、簡単にできます。

その他は、いつも通りのカレーの作り方でOKですよ。

 

手作りカレー粉で、美味しいカレーの作り方!

まず材料を準備します。

お好みの具材を追加してくださいね。

豚肉 200グラム
玉ねぎ(みじん切り)中1/2コ
玉ねぎ(くし型切り)中1コ
じゃがいも 1コ
にんじん  1コ
サラダ油 大さじ2
水 700ml
固形コンソメ 1コ
塩 小さじ1サラダ油 大さじ2
小麦粉(薄力粉) 大さじ4
手作りカレー粉 大さじ2

作り方はいつものカレーとほぼ変わりません。

POINT
  1. 鍋にサラダ油を大さじ2ほど入れたら、必ず玉ねぎがきつね色になるまで炒める。
  2. 豚肉を入れて色が変わったら、にんじん、じゃがいもなどの野菜を加えて炒める。
  3. 水、コンソメを入れてあくを取りながら煮込む。
  4. フライパンにサラダ油大さじ2と小麦粉を入れ、焦がさないように炒める。
  5. 火を止めてフライパンを冷まし、カレー粉を入れて混ぜ、カレールーを作る。
  6. 鍋の煮汁を数回に分けながらフライパンに入れ、カレールーをのばす。
  7. ルーを鍋に入れて溶かし、味をととのえたら完成。

小麦粉は焦げやすいので注意が必要ですが、その他は難しいことはないですね。

キーマカレーを作るなら、カレー粉を材料にそのまま振り入れればOKです。

 

手作りのカレールーの作り方は?

カレー粉ができたら、そのまま使うこともできますが、カレールーをつくっておくと便利です。

小麦粉200グラム、バター100グラム、はちみつ大さじ3を用意してください。

  1. フライパンでバターをとかす。
  2. 小麦粉を加え、バターと混ぜながら焦がさないように加熱する。
  3. とろみがついたら、自家製のカレー粉を入れる。
  4. 弱火で水分を飛ばしたら、はちみつを加え、全体がまとまったら火を止める。
  5. 型に入れて冷ましたら、適当な大きさに切っておけば完成。

カレールーにしておけば、いつでも市販のカレールーと同じように使うことができます。

 

手作りのカレールーを保存するには?

手作りしたカレールーは、粗熱をとって密閉容器に入れて保管しましょう。

冷蔵庫なら2〜3週間は保存できます。

より長く保存したい場合は、冷凍庫に入れてください。

小分けにして冷凍しておけば、使いたい分量だけ取り出せるので便利ですよ。

 

カレーをカレー粉から作るなんて大変そうと思っていたけど、基本のスパイスを覚えてしまえば、私でも簡単に作れそう!
自分で作ったカレー粉なら、ヘルシーですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です