すき焼きのたれで肉じゃがを作るのが人気?レンジ・フライパン・圧力鍋・炊飯器での作り方を紹介!

すき焼きのたれには野菜や果物のエキスや香辛料などいろいろな素材が入った万能調味料です。

すき焼き以外にも肉じゃがなどのレンジで簡単な作り方があり、肉じゃが以外も人気のレシピがたくさんあります。

そこで、すき焼き以外でたれの使い方がわからないという方のために、すき焼きのたれと、レンジやフライパン、圧力鍋に炊飯器というどの家庭にもある調理器具で簡単にできる人気レシピを紹介いたします。

すき焼きのたれをすき焼きする度に買って、あまらせて捨てちゃうことがよくあるのよね!すき焼きのたれで肉じゃが作るのは人気らしいけど本当においしくできるのかしら?ちょっと読んでみましょう。
肉じゃがは煮込まないとできないのに、すき焼きのたれでしかもレンジで簡単にできるなんて信じられないわ!肉じゃがだけじゃない使い道とか他にどういうのがあるのかしら?調べてみましょう!


すき焼きのたれ人気の使い方

最初に、すき焼きのたれでよく作られている人気のレシピを紹介いたします。

 

すき焼きのたれ人気レシピ

  • すき焼きのたれで肉じゃが
  • すき焼きのたれで焼きそば
  • すき焼きのたれでチャーシュー

 

すき焼きのたれとレンジで肉じゃが

牛肉か豚肉の薄切りを100gほど用意して、すき焼きのたれを肉に揉み込んでおきます。

じゃがいも2個(大きいものは1個)を8つ切りにして水にさらし、玉ねぎはくし形に、にんじんは5㎜くらいの厚さで半切りにしておきます。

深みのある耐熱容器に玉ねぎ、下味をつけた肉、じゃがいも、にんじんの順にのせたら、水を200ml加えてふんわりとラップをして、600wのレンジで10分加熱します。

取りだしたら上下をかき混ぜて、さらにラップをして600wのレンジで3分加熱したら完成です。

 

すき焼きのたれで子供にも人気の焼きそば

肉は豚小間でもウィンナーなどでも、野菜はキャベツやもやしなど冷蔵庫にあるものを使います。

焼きそば用の中華麺はほぐれやすくするため、袋のまま600wのレンジで1分加熱して袋からだしておきます。

フライパンにごま油をしいて、肉や野菜をいれてしんなりするまで炒めたら、中華麺をいれてほぐしながら具材と炒め合わせます。

すき焼きのたれをフライパンの側面1周分回しかけて、さらに炒めたら完成です。

 

すき焼きのたれで人気の柔らかチャーシュー

チャーシューと聞くと何時間も煮込むイメージですが、すき焼きのたれと圧力鍋や炊飯器で簡単にできる作り方です。

圧力鍋を持っていないという方も多いと思いますので、ここでは炊飯器での作り方を紹介します。

豚バラ肉のかたまり300~500g用意して、最初に油をしいたフライパンで焼き色がつくまで焼いて肉の脂を流していきます。

炊飯器に焼いた豚バラ肉のかたまりと、ネギの青い部分と生姜をいれたら、水200mlとすき焼きのたれ100mlを入れて炊飯器のスイッチをいれれば終了です。

味の濃いほうが好きな方はもう少したれを増やしてもいいですし、炊く前に味を見て調整してください。

 

すき焼きのたれを使った人気アレンジレシピ

すき焼きのたれを使った肉じゃがなどの煮込み料理は、1~2日たつとさらに味がしみておいしくなりますが、同じ料理に飽きたという場合などに使えるアレンジ方法です。

すき焼きのたれで人気のアレンジレシピ

  • すき焼きのたれで作った肉じゃがをアレンジ
  • すき焼きのたれで炊き込みご飯

 

すき焼きのたれで作った肉じゃがアレンジ

オーブンレンジを180度に温めておき、肉じゃがをフォークなどでつぶしていき、形がなくなってきたら、大さじ1の牛乳を加えてさらにマッシュしていきます。

耐熱容器やグラタン皿にマッシュした肉じゃがを敷きつめたら、バターをひとかけら落として、パン粉を大さじ1~2ふりかけます。

予熱しておいたオーブンレンジに入れて、180度で10分焼いてパン粉に焼き色がついたら、スコップコロッケの完成です。

 

すき焼きのたれで炊き込みご飯

お米は2合洗ってザルにあけて水気を切っておきます。

しめじやえりんぎなど好みのきのこを食べやすい大きさに手でさいてほぐしておきましょう。

豚小間肉を食べやすい大きさに切って、炊飯器にお米ときのこ、豚肉をいれたら、チューブの生姜を少々いれて、すき焼きのたれを大さじ2~3杯回しかけます。

炊飯器のメモリ通りの水をいれたら、全体をしゃもじでざっくり混ぜてスイッチをいれます。

炊きあがったら、5分ほど蒸らして、全体を混ぜ合わせ、ネギなどを散らして完成です。


お家で簡単にできるすき焼きのたれの作り方

すき焼きのたれには関西風や関東風などいろんな味があり、家族によっても好みがわかれるので数種類のすき焼きのたれを常備している家庭も少なくないでしょう。

そこで、少ない調味料で簡単にできるすき焼きのたれの作り方を紹介します。

 

子供に人気の甘口タイプのすき焼きのたれ

料理酒とみりん、醤油をそれぞれ100㏄用意します。

鍋に酒とみりんをいれて煮立たせて、アルコール分を飛ばしたら、火をとめて醤油と砂糖大さじ2を加え混ぜたら完成です。

砂糖は上白糖よりざらめを使うとコクがでます。

 

簡単人気の関西風すき焼きのたれ

関西風は関東風とちがい割り下が必要なく出汁を使いません。

しょうゆ大さじ6、砂糖大さじ3~4、酒大さじ5を鍋にいれて、砂糖を溶かしながらよく混ぜ合わせたら完成です。

醤油の香りが効いているので、ほうれん草のおひたしやゴマ和えなんかにもよくあいます。

すき焼きのたれで肉じゃがだけじゃなく、焼きそばやチャーシューまでできちゃうなんて驚きだわ!しかもフライパンや炊飯器で簡単にできるなら、料理のレパートリーも増えていいわね!
すき焼きのたれを使ってレンジで10分くらいで肉じゃがができるなら、時短にもなるし、火加減も気にしなくていいし、一石二鳥だわ!チャーシューもこれまで市販のものを買っていたけれど、圧力鍋や炊飯器で簡単にできるなら、今度ぜひ手作りしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です