酢のダイエット効果は?みんなが痩せた飲み方はコレ!自己流のやり方では痩せないのかもチェック!

お酢を飲んで痩せた、という人がいますが、お酢にはダイエット効果があるんでしょうか?

「自己流のやり方で試しているけど、痩せない!」というあなた!

誤った飲み方では、まったく痩せない可能性がありますよ!

では実際にお酢で痩せた人は、どんな飲み方をしたのでしょうか?

お酢ダイエットの正しいやり方をご紹介しますね。

お酢ダイエットをやってみたいけど、飲むタイミングや量がわからないわ。

お酢の摂取の仕方によっては、体に負担をかけてしまう可能性があるのよ。

お酢ダイエットの正しいやり方を確認しておきましょう!


お酢の作られ方や種類!見分け方は?

お酢は身近な調味料ですが、どうやって作られるのでしょうか。

また、米酢やりんご酢など、いろいろな種類がありますが、どんなちがいがあるんでしょうか。

 

お酢の種類は?

お酢は、農林水産省のJAS規格で「醸造酢」と「合成酢」に分けられますが、あわせて「食酢」とよばれます。

醸造酢=スーパーでよく見かける米酢、黒酢、りんご酢など。

合成酢=酢酸や氷酢酸を水で薄め、砂糖や酸味料などを加えたり、エタノールを化学的に作り出したりと、人工的に作られた調味料。発酵・熟成期間はない。

醸造酢は、糖を含んだ食べ物(米やりんごなど)が、アルコール発酵と酢酸発酵を経て熟成したもので、ダイエットに効果があるとされています。

合成酢は、発酵・熟成期間なしなので、醸造酢のような効果が期待できません。

購入する際に商品のラベル表示で確認しましょう。

 

ダイエットに使いたいお酢は、醸造酢?

前述したように、醸造酢は天然素材を発酵させて作ります。

POINT
穀物酢:米、小麦、玄米などの穀物1~2種類以上が、1000ml中に40g以上使われているもの。
果実酢:りんご、ぶどうなどの果実から作られるもの。

米酢は、お寿司に使われるので、なじみのあるお酢ですね。

ぶどう酢はバルサミコ酢とよばれるものですよ。

味のちがいはありますが、効果に大差はないので、好きなお酢を選んでみてください。

お酢の成分は?どうして痩せるの?

お酢はダイエット効果だけではなく、さまざまな健康効果があるので、積極的にとりたい調味料です。

では、お酢にはどんな成分が入っていて、それぞれどんな効能があるのでしょうか?

 

なぜ痩せた?お酢にはこんなダイエット効果があるから!

お酢に含まれるのは、酢酸、アミノ酸、クエン酸です。

酢酸は、脂肪の蓄積を抑える効果があります。

アミノ酸は、脂肪を分解して燃焼しやすくする効果があります!

さらに、アミノ酸の血行促進効果により、代謝がアップし、痩せる体質になるのです。

クエン酸は、食べ物から摂取した脂質をエネルギーに変えやすくするので、ダイエット効果が期待できるんです。

 

お酢にはさまざまな健康効果が!ダイエットにつながるわけ!

お酢ダイエットは、健康的なダイエットです。

お酢の効果を一つずつ見てみると、ダイエットにつながっていることがわかります。

お酢の効果 ダイエットできる理由
血糖値の上昇をおさえる 血糖値の急上昇をおさえることで、脂肪をつきにくくする
血液をサラサラにする 血液の循環が良くなることで、新陳代謝を上げる
疲労回復を早める ダイエット時の運動を効率的にできる
便秘解消 デトックスで、余分なものを貯めこまない
利尿作用 水分を排出することで、むくまない
カルシウムの吸収率を上げる カルシウムは脂肪の吸収をおさえる

ダイエットの必要がなくても、日々の生活にはお酢を積極的に取り入れていきたいですね。

 


ダイエットに最適なお酢の飲み方とは?やり方をご紹介!

お酢にダイエット効果があることはわかりました。

が、自己流で飲んでいても、効果が出ずに痩せない場合がありますので、やり方を把握しておきましょう。

 

ダイエットしたい人のお酢の飲み方!痩せた人の飲み方とは?

お酢を飲むのは、1日15ml~30mlが目安です。

この量を一気に飲むのではなく、原液を水で薄めて、一日で小分けにして飲んでください。

また、空腹時に飲むと胃が荒れますので、食中や食後に飲んでください。

POINT
  • 1日の飲む量は15ml~30ml。
  • 原液を水で薄めて飲む。
  • 小分けにして飲む。
  • 食中や食後に飲む。

なお、体があたたまっているときに飲むと、新陳代謝が上がりやすくなります。

運動後や風呂あがりに、お酢を飲んでみてくださいね。

自己流のやり方でも、お酢の何らかの効果はあるかもしれませんが、ダイエットのためには効率的に飲むのがオススメですよ。

 

お酢ならどんなお酢でもOK?

前述したように、お酢にもいろいろな種類があります。

ダイエットには醸造酢を使えばOKです。

黒酢・玄米酢・香酢は、アミノ酸を豊富に含んでいるので、特にダイエットにオススメです。

クエン酸が豊富な、もろみ酢やりんご酢もオススメですね。

飲みやすいものを選んでみてください!

なお、市販のお酢ドリンクは、砂糖などの糖分が多く含まれる場合があるので、飲みすぎるとダイエットにならないので注意です。

 

お酢を飲むときの意外な注意点!

お酢を飲んだら必ずうがいをするようにしてください。

そのまま放置すると、お酢の酸が歯のエナメル質を溶かしてしまいます。

歯が弱くなったり、知覚過敏になったりしてしまうので、うがいを忘れないでくださいね。

すぐに効果が出るものではないから、正しいお酢の飲み方を続けていくことが大切ですね!
飲むだけでなく、料理にも取り入れていきたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です