酢納豆の効果を調査!ダイエットや目の健康にも?玉ねぎ・オリーブオイルの食べ合わせも確認!

酢納豆ダイエットが最近人気を集めていますが、ダイエットやってみたいけれど人気の理由やどんな効果があるのかよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

酢納豆が人気になってきている理由には、その効果が健康やダイエットだけではなく、目の視力回復などにも良い効果をもたらすのではないかと言われているからでもあります。

そこで今回は酢納豆の効果と目の健康に良いとされる理由や、酢納豆を玉ねぎやオリーブオイルなどの他の食材との食べ合わせについても調べてみました。

酢納豆って聞いたことはあるけれど、どんな風に健康やダイエットに効果があるのかいまいちよくわからないのよね?少しの量でも効果があるのかしら?記事を読んで調べてみよう!
納豆も酢もにおいと味にクセがあるからおいしく食べられなかったら、いくら健康に効果があっても続けられないわよね?家族の血圧も気になるから健康を考えて食べてみたいけれど、食べやすい方法とかあれば知りたいわ!


酢納豆の効果について

納豆と酢を組み合わせることで、ダイエットや目の健康などにどのような効果があるのかについて調べてみました。

酢納豆の効果について

  • 酢納豆が健康にもたらせる効果について
  • 酢納豆ダイエットの効果について
  • 酢納豆と目の健康効果について

 

酢納豆が健康にもたらせる効果とは

酢納豆は納豆にタレや醤油のかわりに酢をかけるだけですが、この二つの組み合わせには健康に期待できる効果がたくさんあります。

酢には酢酸が含まれており、酢酸には血圧を下げて血の流れをサラサラにして血管の壁を強くしてくれる効果があるとされています。

さらに納豆にはナットウキナーゼが含まれており、このナットウキナーゼは脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を溶かす働きをしてくれることから、動脈硬化を予防する効果も期待されています。

また、醤油やタレのかわりに酢を使うことで、減塩効果もあり高血圧予防の効果もあると言われています。

 

酢納豆のダイエットの効果とは

酢納豆ダイエットは、納豆1パックにタレや醤油はかけずにかわりに大さじ1杯の酢をかけて、普段の食事に取り入れるという方法です。

酢に含まれる酢酸は血のめぐりをよくして脂肪の燃焼を高める効果があり、納豆に含まれる食物繊維は整腸作用や糖質や脂質の吸収を抑制する効果があるとされています。

さらに納豆の成分ナットウキナーゼは、酢と同じく血液の流れをよくして代謝を高める効果があることから、酢と納豆を組み合わせてとることで、体の代謝をあげて脂肪の燃焼を助けるダイエットに期待される効果が高いのです。

 

酢納豆と目の健康効果とは

実は酢納豆には、ダイエットだけではなく目の疲れや視力回復の効果もあると以前テレビで紹介されていました。

その理由は、酢の酢酸と納豆のナットウキナーゼに共通する血流をよくする効果と言われています。

老眼や視力の低下、疲れ目には目の血流の悪さが関係しており、白内障などは目の血流にできる血栓が原因とされています。

そこで毎日酢納豆を食べることで、目の血流が良くなり血栓を予防し、目の病気や疲れ目、視力回復に高い効果が期待できると言われています。

酢納豆の効果的な食べ方について

酢のツンとしたにおいや納豆のにおいが苦手という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、酢納豆と玉ねぎやオリーブオイルを合わせたおすすめの食べ方について調べてみました。

酢納豆のおすすめの食べ方

  • 酢玉ねぎ納豆
  • 酢納豆にオリーブオイル
  • 酢納豆と長いも

 

酢玉ねぎ納豆の食べ方

酢玉ねぎも以前テレビや雑誌で健康やダイエットに効果があると特集されていました。

手軽にできて調味料としても使える酢玉ねぎは、玉ねぎ1個~2個を薄くスライスして酢200mlに漬けておくだけでできあがります。

その酢玉ねぎを納豆にかけて食べることで、疲労回復や脂肪燃焼、また玉ねぎには安眠効果もあると言われているので不眠症の解消など、さらなる健康パワー効果がアップします。

 

酢納豆とオリーブオイル

オリーブオイルにはコレステロール値を下げる効果があり、抗酸化作用もあるため、体の酸化を防ぎ免疫力を高める効果があるとされています。

酢納豆とオリーブオイルを組み合わせることで、酢特有のツンとくるにおいが抑えられて味もまろやかになり、さらに健康効果も倍になるというわけです。

酢が苦手という方にはおすすめの組み合わせです。

 


酢納豆ダイエットの注意点

納豆に酢を混ぜて毎日の食事に取り入れるだけでダイエットに効果があるとされる酢納豆ダイエットですが、ダイエット効果を高めるために注意点についても調べてみました。

酢納豆は火を通さず食べる

納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱いため、酢納豆を食べる時は加熱せずに食べることをおすすめします。

納豆をトーストにのせて焼いて食べたり、カレーのトッピングに使ったりする方もいらっしゃいますが、ダイエット効果を高めるナットウキナーゼの力を発揮させるためには、冷たいままか常温で食べましょう。

 

酢納豆の量と食べるタイミング

いくらダイエット効果が高いからと言っても、納豆は1パック約100kcalと意外とあります。

ダイエット中にカロリーオーバーしてしまってはいけないので、酢納豆を食べる量としては1日1~2パック程度で食べすぎには注意しましょう。

また、酢納豆は夜に食べることで、腸の蠕動運動を促し、寝ている間は血栓ができやすくなるため、血栓予防にもつながります。

1パックの納豆に酢をかけて食べるだけでダイエット効果が高くなるなら簡単でいいわね!食べる量もそんなに多くないし、ダイエットだけじゃなく血流をよくして目の疲れにも効果があるなら、さっそく今日から納豆はタレは使わず酢で食べるわ!
酢納豆が食べづらいときに、オリーブオイルや長いもなんかをあわせても効果が倍になって食べやすくもなるならすごく助かるわ!血圧のことも考えてこれから酢納豆生活を始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です